クイーンズ・ギャンビットのネタバレ・内容・結末 - 2ページ目

「クイーンズ・ギャンビット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

セットがかなり綺麗に作り込まれていて、それを鑑賞するだけで楽しい。
主人公の依存症と戦う成長物語。チェスのドラマってエキサイティングに魅せるのは難しそうだけど、上記のポイントでうまくまとめている感じ。
あとワンシーズンで終わるのも良い。
映像、セットもすごくよかった
チェスが分からなくても展開が理解できた
ベスが自分が孤独じゃないことを理解できてくる後半の部分がすごく好き
全体的に重いけどベスが魅力的で引き込まれた
賢くてクールだけど、時々見せる人間味のあるところが可愛い
思った事をすぐに口に出さない、人を思いやるところも好き
ファッションやインテリアがオシャレ
金の腕時計が似合う

義母との関係も良かった
義母に試合の話をする時が唯一甘えられた時かな〜
期待したほどじゃない〜とか言ってたら最終回がとんでもなく面白かった。チェスは1ミリも分かんないけど表情でどんな状況かわかるし、周りの人に助けられながらチェスと酒と薬と戦うのが良かった。しかも服とかインテリアとかもいちいち可愛い。
片親の母を亡くし、孤児院で暮らすことになった少女。栄養剤という名目で渡されるカプセル2つのうちの1つは緑色のカプセルで、依存性のある薬物でした。

孤児院で事務員のおじさんに出会い、チェスを教えてもらいます。母親が数学の研究者だった血筋か少女は天才的な頭脳を持っており、チェスにのめり込んでいきます。

孤児院から引き取られ、母親と父親が出来ます。学校では服がダサいだの色々周りから意地悪を言われますが、芯が強い子なので逆にわざとぶつかっていったり、見ていてスカッとする性格。

毅然とした態度で、チェスの大会に出場し、見事に賞金を勝ち取ります。そこから一気にスターの道に駆け上がり、美しい服を買って化粧を覚え、どんどん綺麗になっていきます。ただ、薬物依存はなかなか断ち切ることが出来ません。

初めは勝ち上がることもあれば負けることもあり、途中で母親が亡くなったり、後半らへんはヤケクソになって薬と酒に溺れ、下着姿で部屋の中で爆音でレコードを掛けて踊り狂う最底辺の時代もありました。

嘗てのライバル達が何だかんだ助けてくれたり、心配してくれたり、恋愛の要素もなかなか良いです。

でもやはり見所はチェスの試合です。彼女の頭上には、彼女にしか見えない不思議なチェス盤が見えています。初めは薬の作用かと思いましたが、最終戦で薬を捨てて挑んだ時もあの不思議なチェス盤があったので、彼女の頭脳明晰さがよく現れていました。

チェスの最高峰と呼ばれるロシアのチェス界の皇帝と闘い、そして見事に勝利を勝ち取ります。辛い経験や、薬の依存、母親の死、父親からの冷たいあしらいなど、様々な苦悩を背負いながらも、懸命に勝利への道へ突き進んでゆく姿は本当に美しく格好良かったです!

この作品はあまりに良かったので、見終わったあとにもう一度最初から最後まで鑑賞しました。本当に素晴らしいドラマでした。
めっちゃおもしろかった。
最初アニャさんあんまり可愛くないなって思ったけど、少女から女性に変わっていく途中で、気品と色気が漂っていて、あっという間に好きになってしまった。

チェスのことは全然分からないけど、気品のあるスポーツだということは分かった。
戦う相手を敬い、自分が負けた怒りを相手に向けず、握手をして終わる。

チェスの天才少女は薬とアルコール依存に悩まされて、ラスト以外けっこう暗いシーンも多かった。
でも悩みを抱えつつも相手を軽やかに倒していき、ぐんぐん上り詰めていく様が見ていて爽快だった。

特にエピソード7は感涙ものだった。シャイベルさんが集めてた切り貼りに涙し、旧友が家族として側にいてくれ、今まで倒してきた仲間が協力してくれて。薬とアルコール、孤独から解放され、シラフでも頭の中でチェスができるシーンはゾクゾクした。

個人的に好きなシーンは、
・対局中にベスが手を顎の前で組むところ
・対局中に相手の目をじっと見るシーン
・早さし?でリベンジするシーン
・ベスが服を着こなして歩くところ
要はベスの気品溢れる姿に惚れましたということです。笑
天才チェスプレーヤーの少女のお話。

義母アルマが金に目が眩んでおかしくなるかと思いきやあっさりと亡くなってしまうのが悲しかった。彼女なりに母親としてベスにとっても愛情を与えられて良い関係に見えたのに。彼女もかわいそうな人だったな。

お酒と薬に溺れてダメになってしまうのではと見てるこっちはずっと心配してて、でもベニーのお陰で抜け出せてさらに強くなってボルゴフまで来たのに、なんでお酒と薬やっちゃうの。
天才にありがちな、天才であるが故の孤独と不安に死んでしまうのではないかと見てるこちらは心配でしかなかった。

シャイベルさんの切り抜き、学費を全部投資してくれたジョリーン、酷い別れ方をしたのに助けてくれたライバル達、ずっと見守っていてくれたタウンズ

孤児でひとりぼっちだったベスが皆の力と共に、そして薬とお酒の力を借りずにボルゴフを倒す。
彼女の成長に胸が熱くなった

チェスのことはひとつもわからない自分のような人間でも夢中になって見てしまった。チェスがスポーツと言われるのがわかった気がした
めちゃくちゃ面白かった!
久しぶりに画面から目が離せへん作品に出会った

チェスのルールは何一つ知らんけど、表情だけで何が起きてるか分かったし演技すご〜
登場人物で悪い奴がおらんのもよかった
特にシャイベルさん好き😭

最終決戦でゾーンに入るところかっこよすぎて鳥肌たった
女優さんの目がすごい
1シリーズ6話完結で見やすく、映像も綺麗。
ベスのゲーム中の表情が素晴らしい。

孤児院で薬をケースごと盗み、一気に口に押し込んで倒れるシーンが印象的。
また義母はベスにいらがらせをするかと思ったが、お金のためもあると思われるがベスのチェスを応援してくれていたのが良かった。
最後の試合で、今までの対戦してきた仲間が助けてくれるシーンは感動した。
最後盛り上がる…

まさに“Good for you cracker”