クイーンズ・ギャンビットのネタバレ・内容・結末 - 3ページ目

「クイーンズ・ギャンビット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とてもオシャレな作品で、チェスを知らない方々も楽しめます。
主人公が俗に言う天才(秀才なのかもしれません)なのですが、彼女の人生は一般から全くかけ離れたものだと言う訳ではありません。生涯でほとんどの人が歩むであろうポイントは全て描かれていますし、人間関係で苦悩することももちろんあります。最終回も少年マンガ的な展開で素晴らしいですが、その課程では沢山の出会いと別れなんかに心を揺らされると思います。ぜひ。
天才チェスプレイヤー、ベス・ハーモンの幼少期から世界チャンプになるまでを描くドラマシリーズ。

孤児院で育った彼女が、地下室で1人でチェスをしていた雑用係のおじさんからチェスを学び、どんどん頭角を現していく前半。
引き取ってくれた母親が旅先で亡くなり、孤独を深めていった彼女がアルコールと薬物に溺れてから、仲間達の力を借りながらソ連のチャンプを倒すまでの後半。
全7話という尺は無駄がなくて観やすかった。

最初の孤児院で、精神安定剤を飲まされてから依存してしまうのは強烈だったけど、それが無くてもしっかり立ち直ったのは偉い。

もっと男性プレイヤーばかりのチェス界における彼女のポジションのやりづらさを描いてくるかと思ったけど、結構みんな協力的で、むしろ彼女が孤独を打ち破るのにフォーカスされていた。

大会の時に顔つきが変わったり、アニヤ・テイラー・ジョイの演技は見事だし、今作の美術は綺麗で見応えがあった。
チェスに憧れはあるものの、
ルールはほぼ知らない。
そんな自分でもラスト、ボルコフとの一局は近年稀に見るほど引き込まれた。
ストーリーもそうだが、見せ方が凄いのか。

冒頭のシーンはどのタイミングで見れるんだ?結果はどうなんだ?とそこに行き着くまでが楽しめたし、その敗戦で壊れ、
それでも何とか望めたロシアでの対局。

タウンズが現れたのも興奮したが、
ベニーからの電話で嬉しくなり、
隣にハリーがいて泣きそうになった。

その一局の終わりは震えながら泣けた。
文句無し!めっちゃ面白かった!

ラストは感動で泣きましたが、
シャイベルさんがスクラップしてたのを見た瞬間泣いてしまった。
すごく集中して観てしまう。衣装がとてもかわいい。終わり方もすごく良かった!
ルールも何も知らないけれどワクワクして見れた
いいとこ多く描いた感じ、もっと苦悩や逆風受ける描写が有ればよかった
将棋とすごく似てるね、駒の動かし方や何個も陣形?もあって女少なくて棋譜読み込んで時計押してって
あんなでかいカプセル子どもに水なしで飲ませるのが普通なの?詰まりそう
施設の子たちメンタル強い子しか見当たらないのは変
目をつぶってと言われたときこわかったから?目を開けるのかな
何を考えているのか分かりにくくてそのシーンがどういう意味か分からない時が多かった
あと、女性がひとりで男性社会で勝ち上がっていく話なのに嫌がらせされる描写がなくって変、作った人にそういう視点がないのかと思った
メイク激しくなってるシーンは作った人がバカにしてる感じを受けて少し嫌な気持ちになった
主人公が用務員のおじいさんが亡くなったとき泣いてたシーンでは、私が子どもの頃にも優しくしてくれた老人がいたけどいつの間にか会わなくなって死んだと知ったとき優しかった出来事がバーッと出てきたこと思い出して私も泣いた、好きだという感情が子どもの頃だと自覚していなくて後から気付く感じ
同行した人はCIAやんな
先の話が気になって仕方がないというよりは、気付いたらどんどん見てしまっていた。ベスの女優さんがとても独特な顔立ちで美しい。毎回毎回アイラインがとても綺麗。心穏やかに見れる素敵な作品だった。
チェスはよく知らないけれど、全く問題なく面白かった。
Netflix制作のドラマとは相性が合わなくて、どんなにキャストやあらすじに惹かれても最後まで見られないものばかりだったんですが、これは2日で見ちゃいました。

衣装デザインやホテルの客室、ベスのお家がすごくかわいくて、見ていて飽きなかった。
フレアスカートやボルドーのシャツ、着たくなったなぁ。

どん底に落ちたときに色んな人が手を差し伸べてくれる中、ジョリーンの登場には号泣。
ながら見だったのに思いのほか彼女の人生に感情移入していたことに気付かされた。

タウンズとのその後の関係性が気になるなあ、付き合っていてほしいけどどうなんだろうか…
どのチェスのアプリをインストールしようかな?
孤児になり過去のトラウマをかかえ、心が押し潰されそうになりながらも周りのささえによって立ち直り、チェスの女王♟️になる。驕ることなく、僻むことなく着実に自分の人生を歩んでる彼女の姿が美しく魅了された。周りの人達の彼女を理解しようとしているところや支えてあげようと思う優しさは彼女のそういう所?がそうさせてるんだろうな。

チェスを知ったきっかけの孤児院のシャイベルさんをずっと大切にしているのにもほんと彼女の性格が出てて好き。

アニャテイラーの所作といい、演技の見せ方といい凄く美しかった。周りの雰囲気のレトロな感じもみてて上品な気持ちになれる。出てる人皆んな味があり過ぎるだろ。
すごくすごく好きだった。ちょっとダークで不穏な雰囲気と、程よい緊張感が心地よかった。主人公が、親とか男とかお酒とか差別のせいで才能を潰されてしまうんじゃないか、、、、ってずっと心配だったけど、ちゃんと自分の軸を持って人生を送っていてスッキリした。
チェスのルールを知らなくても楽しめる。
ファッションやインテリアもレトロでかわいい。
Netflix勢にはもれなくおすすめするドラマ。
FUCK THAT WAS GOOD.

シネマトグラフィーが凄すぎて一気に没頭させられた、、チェスの試合での緊張感が凄い伝わるし、あの撮り方から相当な心理戦であることもよく伺えた。
ストーリーだけじゃなくて1950〜60年代のファッションや街の様子までのレトロ感も楽しみながら観れた!チェス全然分からないけど、当時こんなアナログな方法で世界の人々が楽しんでたんだ、、!と観てて面白かった。

そして何よりもBethの人間としての成長とか、女の子から女性になっていく様子とか(そういや最初おかっぱで垢抜けなかったのに、みるみる美しくなっていったね、、)、彼女の物語が1番グッと来た。Mr.Shabielのお葬式でBethが泣いちゃうシーンは私も泣いた、、ずっと1人で辛い思いしている中唯一頼みの綱だったchessを教えてくれた恩人で、ずっと孤独だったBethを密かに見守ってくれてたところ、泣かずにはいられないよね。Bethの1番最初にできた味方って言っても良いのかもしれない。

依存症のせいで色んな人に迷惑かけちゃってたけど、最後はBennyはじめ色んな人が協力してくれたことでBethの勝利があったよね。あのシーンも相当感動した。チェスだけじゃなくて、依存症だった悪の自分にも勝てたところがまた良かった。(あとは個人的にBennyイケメン。笑笑笑 ちょい悪感がかっこいい。)

何か人生観とか、価値観についても考えさせられるシーン出てくるよね。BennyとBethはチェスの天才で分かり合えたけど、Harryとはそこの価値観が違ってて、HarryはBethへ憧れを抱いていたけど、近づけなかったっていう、、何か現実世界でもあるよね。

Anya Taylor-Joyの色気とか、圧倒されるくらいの雰囲気とか、あの表情の絶妙な変化とか、本当見ていて楽しかったし引き込まれた。最高!