こもりびとのドラマ情報・感想・評価・動画配信

こもりびと2020年製作のドラマ)

公開日:2020年11月22日

製作国:

ジャンル:

3.8

「こもりびと」に投稿された感想・評価

ソイラテ

ソイラテの感想・評価

3.5
0

このレビューはネタバレを含みます

なかなか素直に言えないこともあるとは思うけど、かけがえのない息子で大切に思ってるってもっと早く言ってあげればよかったね。
あんな別れ方は辛すぎる。
kumiporo

kumiporoの感想・評価

3.5
0
テーマがテーマだけに明るい話だとは思ってなかったですが…やるせないラストでした😓
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.8
0
詳しいレビューはこちらへ
http://kandj.blog23.fc2.com/blog-entry-2905.html#more

引きこもりたくて引きこもっているわけじゃないと言っても…
苦しい心持はわからなくもないけれど、そもそも、引きこもれる家があって、食事も身の回りの事もある意味確保されているからできるわけで、そんな余裕のない人は、そんな事すら許されずもがきながら生きている人もいる。

それがいいとか悪いとか言いたいのではない。
でも、そういうことも頭の片隅に、ふとした時に考えて欲しい時もある。
みるめ

みるめの感想・評価

-
0
記録
ひきこもりは100万人いる。40代以上で。という衝撃。

そんなひきこもりの実情を少し切り出してくれるお話。

息子に厳しく当たるというのは、自分が生きてきた経験を踏まえて、ハッパをかけるためにやっちゃうよね。
俺はやってきた。やってきてしまった。

なんでか周りと比較して、自分の歩んできた人生と比較してこうした方がいい、ああした方がいいって言っちゃうんだよなぁ…。

時代が違うのにね。。


ひきこもりになる理由は様々な要素があると思いますが、共通するのは誰かに傷つけられ、外に出るのが怖くなってしまうことなのかなと思う。

多くはこのドラマで描かれているように、親の期待から生じる否定の言葉に打ちのめされてしまうケースが多いのだろうか。

責任感の強い人や感受性の高い人、人と多くを比べてしまう人がなってしまいやすいのかな。

ひきこもりは誰でもなる可能性がある。

立ち直るには個人だけではおそらく難しい。周りが気づいて、話をしてもらいやすくするようなケアが必要なんだなと感じました。

ひきこもりしてる当事者が一番どうにかしなきゃと思っている、ということを念頭に置いて接する必要がありますね。

こんな風に誰かを執拗に追い詰める社会がどうしてまかり通っているのでしょうか。

高校受験、大学受験、就職という人生のレールから少し外れてしまった時のリカバリが、強烈に難しい。そしてそれへの風当たりが非常に強すぎる。

うまくいかない場合どうしようというプレッシャーがとても大きすぎると思います。

これは社会に出てからもそうで、自分自身、失敗したらヤバいという恐怖は常に付き纏っています。

勝ち組負け組という言葉が昔ありましたが、失敗に対して寛容じゃない風潮が引き起こしている。

ひきこもりは家族の問題だけではなく、社会の問題として捉える事が、考え方を変える一歩になりそうです。

日本の闇の一画に一石を投じる良質なドラマ。


松ケンと武田鉄矢さんが心を通わすラストシーンは、自然と涙が頬をつたいました。

ブルーハーツが、聴きたくなったわぁ…
2020.12.23
#24 記録
えーこ

えーこの感想・評価

3.3
0
記録
HEINZEgud

HEINZEgudの感想・評価

2.0
0
個人的には引きこもりは大地震起きて家が倒壊して避難所に逃げるしか脱出する手立てはないと思ってる派だからなんだけど、ラストがフィクションすぎるなあぁて思った。
身内が亡くなって責任感溢れ出しても結局はまだ逃げれる道が残されてるなら逃げ続けるのがリアルなんじゃないかな、、
途中の元当事者の人たちに聞くドキュメンタリーのシーンは阿弥陀堂だよりを思い出しました。
ああいう演出は空気感が変わっちゃうから苦手🥺
ShioriWilson

ShioriWilsonの感想・評価

3.8
0
これたぶん民放でやったらすっごくサムいクサい作品になったと思う、NHKならではの説得力だった。TOO MUCH PAIN、小生も好きです。
saki

sakiの感想・評価

-
0
記録
>|