ちちうえ

関ヶ原のちちうえのレビュー・感想・評価

関ヶ原(1981年製作のドラマ)
4.5
*超豪華キャスト

関ケ原の合戦の東西両軍の動きを平等に描き、今までのドラマでは悪役扱いされることの多かった石田三成のイメージを変えさせた傑作時代劇。

ストーリーは司馬遼太郎の原作に忠実だが黒田官兵衛や藤堂高虎など小説では比較的重要だった何人かの登場人物は省略されている。
合戦場面はあまり迫力がない。むしろ合戦までの知恵比べの謀略や根回しなどのドラマ部分が面白い。

凄いのは超の付く豪華な配役で、もうこれ以上の豪華キャストのドラマをつくれないかもしれない。

狸おやじの森繁久彌の家康とクソ真面目な加藤剛の三成の主役二人もいいんだけれど、脇役がとにかく豪華。

陰謀をめぐらす策士三國連太郎(本多正信)と歴戦の武将三船敏郎(島左近)はこの二人のこれまでの長い俳優生活で演じてきた役柄の集大成。

東軍では福島正則の丹波哲郎、鳥居元忠の芦田伸介、西軍では島津義久の大友柳太朗、その他にも藤岡弘、三浦友和、国廣富之、竹脇無我、松坂慶子、杉村春子、三田佳子、栗原小巻、笠智衆、宇野重吉。大滝秀治千秋実など適材適所で当時の主役級・順主役級が勢ぞろいで圧巻、

なかでも高橋幸治の大谷刑部が素晴らしかった。

最後の森繁家康の「これからは我が徳川家。三成のような家臣に恵まれればよいが。義、忠義の家臣にのう。」というセリフが印象的。



DVDで鑑賞