関ヶ原のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

ちちうえ

ちちうえの感想・評価

4.5
0
*超豪華キャスト

関ケ原の合戦の東西両軍の動きを平等に描き、今までのドラマでは悪役扱いされることの多かった石田三成のイメージを変えさせた傑作時代劇。

ストーリーは司馬遼太郎の原作に忠実だが黒田官兵衛や藤堂高虎など小説では比較的重要だった何人かの登場人物は省略されている。
合戦場面はあまり迫力がない。むしろ合戦までの知恵比べの謀略や根回しなどのドラマ部分が面白い。

凄いのは超の付く豪華な配役で、もうこれ以上の豪華キャストのドラマをつくれないかもしれない。

狸おやじの森繁久彌の家康とクソ真面目な加藤剛の三成の主役二人もいいんだけれど、脇役がとにかく豪華。

陰謀をめぐらす策士三國連太郎(本多正信)と歴戦の武将三船敏郎(島左近)はこの二人のこれまでの長い俳優生活で演じてきた役柄の集大成。

東軍では福島正則の丹波哲郎、鳥居元忠の芦田伸介、西軍では島津義久の大友柳太朗、その他にも藤岡弘、三浦友和、国廣富之、竹脇無我、松坂慶子、杉村春子、三田佳子、栗原小巻、笠智衆、宇野重吉。大滝秀治千秋実など適材適所で当時の主役級・順主役級が勢ぞろいで圧巻、

なかでも高橋幸治の大谷刑部が素晴らしかった。

最後の森繁家康の「これからは我が徳川家。三成のような家臣に恵まれればよいが。義、忠義の家臣にのう。」というセリフが印象的。



DVDで鑑賞
セシル

セシルの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

名優揃いで、長いけどその分見応えがあるドラマでした。
家康と元忠が別れの盃をかわすシーンが印象的。
三成は欠点もあったけど、それでも義を重んじすぎる程重んじた、そんな彼を愛したり慕ったりする人達は確かにいたんだなと思います。
あられ

あられの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

俳優が豪華で、しかもイメージ通り。5時間半のドラマなのに、合戦シーンは20分くらいw

1598年8月豊臣秀吉逝去。徳川家康にも、とうとうチャンスが巡ってきた。これも忍耐・健康・長生きのお陰w 漢方オタクの家康、せっせと鹿の角を入れた漢方薬作りに励み、青竹踏みをするw

天下取りを目指す徳川家康と、秀吉の遺志を尊重する石田三成が、激しく対立し、1600年9月15日早朝、関ヶ原で天下分け目の合戦が始まる。

三成は理想主義者で、真面目過ぎた。知恵あるものは憎まれる。自分が余程賢いと思っているのか、人の意見を聞かなすぎる。セオリー通りで融通が効かない。人の気持ちを考えないw 痛い人w 臨機応変に対処しろよ。根回しくらいしろよ😭 裏切るなんて考えられないくらい純粋な人なので、政には向いてないw

反対に家康は人を乗せるのも上手だし、人の気持ちを大事にする。人の気持ちなんてすぐ変わるって知ってるから、常に裏切り者がいないか気にしてる。情報戦に長けている。

家康曰く、博打は勝つために打つもの。勝つために知恵の限りをつくし、あらゆる細工を施して、最後に賽を投げるときには、必ず思う目が出ると言うところまで行ってから、初めて賽を振る。

家康は嘘の情報流しまくり、味方も欺くw そして、西軍の裏切り者役の小早川秀秋には、念には念を入れて、黒田長政家臣のお目付役までつけちゃうw 実際秀秋は、三成から関白にするって言われて心が揺れるから、とってもいい判断w

ブラフを張って最後の勝負に出る家康。三成が痛すぎて見てるのがつらいw 不義が義に勝った何故だ⁈これじゃあ最初から勝ち目なしでしょw そもそも秀頼って…w でも裏切り者は結局粛清させられるw

何気に島津がすごいw
上海十月

上海十月の感想・評価

3.0
0
春日太一さんが物凄く勧めるテレビドラマ。テレビのある意味絶頂期を示した作品。映画何本か分の制作費と主役クラス続々出てきて正月前に物凄く宣伝してたのを思い出されます。DVDで久しぶりに見て合戦シーンは、なんか凡庸。後に「風雲たけし城」に使われることに。加藤剛が生真面目すぎる石田三成でみんなに嫌われるだろうなぁ。
関ヶ原と言えば、間違いなくこの作品。
時代、世代、最高のキャスティングで制作された質の高い素晴らしいドラマです。
何度観たことでしょう。

山本直純の音楽も攻めてます。
hmsuga

hmsugaの感想・評価

4.3
0
かなり良かった記憶。
これを観て、原作も読んで三成が好きになりました。
てづか

てづかの感想・評価

5.0
0
過去鑑賞。
史実の石田三成が大好きで、原作本も大好きなのでDVDをだいぶ前に買いました。加藤剛さんの神経質そうなお顔に三成がピッタリはまり役。こっちの関ヶ原が好きすぎて、新しい方をなかなか観れずにいる。
三船の島左近がマジでかっこいい。司馬遼太郎の原作どおりの島左近。
キャストがほんとに豪華なのでそれを見るだけでもおなかいっぱい。
関ヶ原の戦い自体がこんなドラマティックな戦いほかにないでしょってくらい私にとっては大好きな戦いだしすごく特別な存在。
いい意味で、星なんか付けたくない。
自分だけのもので大事にしておきたい作品。
japmac

japmacの感想・評価

3.1
0
ぴよこ

ぴよこの感想・評価

-
0
>|

あなたにおすすめの記事