ToshiyukiOda

推定有罪のToshiyukiOdaのレビュー・感想・評価

推定有罪(2012年製作のドラマ)
2.0
冤罪事件の顛末を直球で描いたドラマです。
話を盛り上げるための妙なストーリーをあまり入れ込まず、冤罪を受けた家族、被害者家族、冤罪に追い込んだマスコミと警察関係者の苦悩を正面から物語にしているのが好感を持てます。

じゃあ、真犯人は誰なんだ!という真実になかなか触れようとしないモヤモヤが続き、一応ラストで分かるのですが、分かったところでスッキリしない感じです。クライムミステリーのエンターテイメントをどこかで期待してしまったのが失敗でした。もったいないことをしました。