MitsuhiroTani

推定有罪のMitsuhiroTaniのレビュー・感想・評価

推定有罪(2012年製作のドラマ)
4.3
誰が犯人かはさておき、終わってみれば、ありがちな展開。ただ、被害者と加害者の家族双方が悲しみを背負って生きなければならない事実を突きつけられたこと、静かだが力強いラストに勇気を与えられた。
仲村トオルと國村隼は、これまで観た作品の中で最高だったと思う。