浅葱

下町ロケットの浅葱のレビュー・感想・評価

下町ロケット(2011年製作のドラマ)
3.5
綾野剛出演作品18本目。

個人的には阿部寛verより此方の方が好きだった。暑苦しくない声が大きくない落ち着いている。その分淡々としているので、阿部寛verとはどっちが好みかという話かな。
ずっと迷ったり悩んだらしながらも落ち着いて対応し続けてきた社長が、最後の採用連絡でへたり込んで涙するシーンが素敵。

個人的には池内博之の演じる若年層のリーダーぽい若手営業マンが同業他社大企業に勤めている彼女にホイホイホイホイ社内事実喋ってる点のコンプライアンスが気になって仕方がなかった。彼女がめちゃくちゃ良識ある優しい人だったから良かったものの結構ダメな範囲まで喋ってたと思う……そのくせ社長に公私混同と文句を言うって、お、お前……?

渡部篤郎の落ち着いた演技がとても良かった。きちんと他社の技術や立場を慮って対等な取引ができる姿勢素晴らしい。後半戦もう殆ど彼が主人公だった。
「あなたと一緒に仕事ができて本当によかった」って取引先に言ってもらえるの、めちゃくちゃにロマン。