サッカー親父

なぜ君は絶望と闘えたのかのサッカー親父のレビュー・感想・評価

なぜ君は絶望と闘えたのか(2010年製作のドラマ)
3.9
光市母子殺人事件、私は忘れることはありません。1990年代半ば、18歳以下の少年犯罪が多発してそれまでの社会通念が大きく揺らぎました。今でこそ、被害者家族が裁判の際に意見を述べたり、遺影を持ち込むことが許されていますが、この裁判を通じ司法のあり方や法整備が進んだことが要因となっています。当時から20年ぐらい経過した今でこそ見るべきドラマです。