tokutoku

空飛ぶタイヤのtokutokuのレビュー・感想・評価

空飛ぶタイヤ(2009年製作のドラマ)
4.5
事故現場の献花代の前に立つシーンなど、短いカットも惜しまずロケして挿入している撮影方法が好き。+1

勧善懲悪ではない、登場人物それぞれの信念があり、最後まで顛末が予想できない。飽きさせない。+1

本作の肝であり、発端である事故被害者の無念は、最後まで消えずに残る。随所で挿入される献花代のシーン、「目の前で母親を失った子」が書いた神様への手紙、人の命の重さを思い知るメッセージ性の強さが良かった。+2

「中小企業なめんなよ!」赤松社長がカッコ良かった。+0.5