アカデミー賞 助演女優賞 受賞映画作品 83作品 - 4ページ目

アカデミー賞 助演女優賞 受賞作品。これまでにデルバート・マン監督の旅路や、マーロン・ブランドが出演するサヨナラ、風と共に散るなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

『Even with their separate tables they can talk back and fo…

>>続きを読む

思わず泣いてしまった どうしてこんなにも、せつない...? 道徳の授業で見せて欲しい映画 何となく『いじめ問題』の解…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

橋 アメリカ空軍のロイド少佐は、上からの命令で神戸へ行くことに ベイリー大尉に誘われ、マツバヤシ歌劇を見に行くが、そ…

>>続きを読む

日本を舞台にした,戦後日本でのアメリカ軍少佐と歌劇団のトップの日本人女性との禁断の恋を描いた作品 もう,冒頭から映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

No.306[マリリーには同情しちゃうよ] 70点 私がダグラス・サーク(Douglas Sirk)について知ってい…

>>続きを読む

「風と共に去りぬ」と来たら、お次はもうこれしかないですね、「風と共に散る」! そんな映画知らないよ!って沢山のツッコミ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これも代表的な「日曜洋画作品」。 淀川さんの名調子が聴こえてきそう。 基本的に最近は昔の作品でも、レビュー書くのにも…

>>続きを読む

「そのとおりだ。昔から僕は悪いやつだったよ」 いつも少し肩をすぼめて、下から睨め上げるような眼差しのジェームス・ディ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

俺の名はテリー、港で日雇いの仕事をしている。ここニューヨークの波止場は船の積み荷を上げ下ろしする日雇い労働者がたくさん…

>>続きを読む

ついに観た!カザンの波止場! 確かに名作でした!1954年のアカデミー賞8部門制覇も頷ける! 圧倒的なパワー。後のギ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1941年のハワイの米軍基地。 転任してきた主人公のプルーウィットは、拳闘部に入ることを断ったために部隊の中でイジメ…

>>続きを読む

1953年 フレッド・ジンネマン監督 原作はジェームズ・ジョーンズの同名のベストセラー小説 アカデミー賞で8部門受賞(…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

しまった、また傑作を見てしまったな。 監督、女優、脚本家という3人の回想視点から、かつて一時代を築いた(そして、今は…

>>続きを読む

ある大物プロデューサーの事を、彼にわだかまりを持つ映画監督、女優、脚本家の3人が順に回想していく。 デヴィッド・O・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ビビアンリー主演。 ニューオリンズの下町のお話で。 情緒不安定なブランチは、実家の没落から妹ステラの家に転がり込む。…

>>続きを読む

教師のブランチは夫を亡くし土地も失い、遠い町に住む妹のステラとその夫のスタンリーの住む家に居候することになる。 しか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

念願叶ったり!!ずーーーっと観たかったジミー・スチュワートの名作。かなり深いテーマなので、映画や心理学とかの教授が大学…

>>続きを読む

良家の跡取りとして生まれ、莫大な遺産を相続した為、定職にも就かずに毎日バーに通う中年男性エルウッド。 彼にはいつも一緒…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「オール・ザ・キングスメン」 原題「All The King's Men」 1976/9/15公開 アメリカ作品 20…

>>続きを読む

歴代アカデミー作品賞を観ようぜ!シリーズ第3弾、今回は1949年の政治ドラマ。 難しそうだなと思って腰据えて観てみたら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジョン・ヒューストンは、『マルタの鷹』『黄金』『天地創造』等々、輝かしい名作を何本も残しておきながら、『アニー』のよう…

>>続きを読む

ハンフリー・ボガード ローレン・バコール アップになっただけ、 そこにいるだけで絵になるスターさんを観て、それだけで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クリスチャンである主人公の記者が、反ユダヤ主義をテーマにした記事を書くこととなり取材を行うこととなります。 自らをユダ…

>>続きを読む

「紳士協定」 原題「Gentleman's Agreement」 1987/10/9 公開 アメリカ作品 2017-2…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ズブロッカ 青年ラリーは、自分の人生を見つめなおすためパリへと向かう しかし、ラリーの恋人イザベルは、彼の突然の変化…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まだあどけない少女なエリザベス・テイラーがかわいくてかわいくて…! 瞳がキラキラしてて吸い込まれそう。 お話は、馬に…

>>続きを読む

エリザベス・テイラーがまだ12歳という時の作品ですが、すでに美貌が完成されている。ひたすら馬が好きな少女が、孤児と出会…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

元日から映画を観て、感動してオイオイ泣いてしまった(笑) 観たのは、2時間45分の映画『誰が為に鐘は鳴る~ワールド・プ…

>>続きを読む

長ったらしい。長すぎる。 でも、わたしはこの映画を恕(ゆる)します。 ヘミングウェイの原作小説からセリフをただ機械的に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1939年。 中流家庭のミニヴァ―家が暮らす英国郊外の平穏な村にも、ドイツ軍による空襲が迫る…。 冒頭から快調。 ロ…

>>続きを読む

2017年12月12日  NHKBS 『ミニヴァ―夫人』 1942年制作 監督、ウィリアム・ワイラー。 『おしゃれ泥棒…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「シェーン」のレビューでも書いたホームステッド法(自営農地法1862年)により、アメリカの西部開拓者は自分の開拓した土…

>>続きを読む

プア・ホワイトとプロレタリア。 "the land of milk and honey"ってカリフォルニアのことを描写…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

午前十時の映画祭 ああ、素晴らしい! 昔観た時よりはるかに美しい映像!まるで新作を観ているよう。 でも、こんな映…

>>続きを読む

「風と共に去ぬ」 原題「Gone With the Wind」 1952/9/4公開 アメリカ作品 2017-209 …

>>続きを読む