#あゆみお気に入り邦画に関連する映画 9作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

桐島、部活やめるってよ

製作国:

上映時間:

103分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

うん、おもしろかった。 見る前は神木くん演じる前田が主人公だと思ってたけど、実際見てるとこれは群像劇なのかな、誰が主…

>>続きを読む

今回は特別に、「桐島、部活やめるってよ」の続編、「バローロ、人間やめてるってよ」の公開前脚本をみなさんにお晒しいたしま…

>>続きを読む

百円の恋

上映日:

2014年12月20日

製作国:

上映時間:

113分
3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔶 マジっすか マジっすか マジっすか by若者の店員 斉藤一子のニート生活から徐々に自分なりに頑張って生活をし…

>>続きを読む

ねんがんのNetflixに加入。 何を観ようか探していたら、早速以前から観たかったこの作品を見つけることができたので、…

>>続きを読む

モテキ

製作国:

上映時間:

118分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

藤本幸世、31歳、フリーター。 1年前の突然の"モテキ"で4人の女性といい感じになるが持ち前の根暗とコミュ障と強すぎる…

>>続きを読む

"一番好きな人ができた。これが本当のモテキだ。" マンガもドラマも未読!映画版だけ2回も鑑賞! 森山未來、舞台を観に…

>>続きを読む

セトウツミ

上映日:

2016年07月02日

製作国:

上映時間:

75分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

え〜と、、、 全然合わへんかった💦💦 好評レビューが多い中、低評価をする勇気に乾杯のやつ🍻 今回は敢えて普段ど…

>>続きを読む

イケメン俳優2人の映画だから、公開時は演ってるのは知っていたが観てなかった。観といても良かったなぁ。 こら映画なのか…

>>続きを読む

バクマン。

上映日:

2015年10月03日

製作国:

上映時間:

119分
3.6

あらすじ

高校生の真城最高(ましろもりたかあだ名:サイコー/佐藤健)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父(宮藤官九郎)は、かつて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今日の試写会は佐藤健・神木隆之介ダブル主演で話題の「バクマン。」 原作への思い入れの度合い次第で評価も変わるかと思い…

>>続きを読む

おもしろい! 感想はこのひとことに尽きる~! まず、キャストがすばらしかった。 佐藤健さんの涙にはウルウルさせられた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自殺を遂げた女性アイドルを追悼するため集まった男性ファンたちが、彼女の死の真相を追究していく。人気を博した舞台劇を、ワ…

>>続きを読む

【なんだかほっこりしてしまう密室劇】 密室劇を作るとなると、かなり良い脚本を書かないと、視聴者は飽きてしまいますよ…

>>続きを読む

天然コケッコー

製作国:

上映時間:

121分
3.5

おすすめの感想・評価

少年は少女漫画に愕然💦 十代後半の少年…世界で一番バカな生き物の頃… 「ガキデカ」全盛、少年たちが半ケツ出して「死刑…

>>続きを読む

昨年、神戸の元町映画館で「二十歳までに観とかなあかん映画祭」というのがあって、その選択が中々気が利いていました。 台…

>>続きを読む

シコふんじゃった。

製作国:

上映時間:

103分
3.6

おすすめの感想・評価

いい! なんもなくていい!平和だ〜。 やばい、最近はこんなレビューばかりだ笑。当たり障りのない映画が心地よい。完全に疲…

>>続きを読む

あるミーハーな学生が卒業単位と引き換えに、部員不足で廃部寸前の相撲部へ入部する物語。 『オールナイトフジ』みたいな女…

>>続きを読む

グッド・ストライプス

上映日:

2015年05月30日

製作国:

3.7

おすすめの感想・評価

※レビューはすごい長いので、その点あらかじめご留意ください。 作品の内容と絡めてはいますが、途中からはこじらせアラサー…

>>続きを読む

映画見てると、これはワイの映画や!ってなることありますよね。ね。去年はそれが「フランシス・ハ」「ぼくたちの家族」だった…

>>続きを読む