#名作巡りの旅1966日本公開に関連する映画 5作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

シャバダバ派とダバダバ派に大きく二分される『男と女』であるが、ここで敢えてラバタバ派を強く主張したい、とかどうでも良く…

>>続きを読む

この歳(中年)になって初めて観る機会を得た… 映画は素晴らしい、恋愛は素晴らしく切ない、改めて素直に感じさせられる作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こんな雨続きて、世の中的にも憂鬱なことが多いウイークデーは、こんな映画で気分転換。 名称ウイリアム・ワイラーが6分目…

>>続きを読む

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」 まるで少女漫画のように。 胸がキュンキュンする物語でした…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今まで縁が無く初観賞でした💦 「戦場にかける橋」「アラビアのロレンス」のデヴィッド・リーン監督作の、まさに超大河ドラ…

>>続きを読む

名前だけは知っていた名作ですが、恥ずかしながら初鑑賞。ロシア革命の頃のロシアを舞台に描かれた、男と女の大河ドラマです。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オープニングのセンスの良さは異常! 棺おけを引きずって歩くネロなんてずるいでしょう。 そのネロさまなんですが、何と声を…

>>続きを読む

メキシコ国境の町に流れ着いた男(フランコ・ネロ)が、革命派と手を結ぶことにより、南軍が忍ばせている純金の強奪作戦を決行…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

熱砂という灰の中で。 ロバート・アルドリッチ監督作品。 絶望的な状況の中で、人間の強さと弱さを描いた娯楽作。 サハ…

>>続きを読む

1965年の古い映画ではありますが、かなり見ごたえありました。 好きな俳優「裏窓」のジェームズ・スチュアートが主演…

>>続きを読む