#敷居☆に関連する映画 12作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ラ・ラ・ランド

上映日:

2017年02月24日

製作国:

上映時間:

126分
4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

わかりやすく感動的なストーリー、弾けるような楽しいバンド音楽、息の合った軽やかな歌とダンス、赤・青・黄・緑・鮮やかな色…

>>続きを読む

セッションでも監督をしたデイミアン・チャゼル監督作品「ラ・ラ・ランド」です。 根本的なストーリーはライアン・ゴズリン…

>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

上映日:

2017年11月03日

製作国:

上映時間:

135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶っ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ペニーワイズ、こちらジョージー。 …これでもう知り合いだろ?」 今日は大雨です。 一軒家には、ビルと弟のジョージー…

>>続きを読む

いじめられっ子のLosersが〝it〟に立ち向かいながら、同時にいじめっ子にも親にも立ち向かい自分たちで乗り越えるお話…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダンケルクの後に無性に観たくなり再鑑賞。SF映画があまり好きでない僕ですが、この映画は大好きです。とてもヒューマン的だ…

>>続きを読む

【テーマは愛ということですが…】 ※注意※ 見終わった後すぐに書き殴ったので割とボロクソに書いてます(´・_・`) …

>>続きを読む

海街diary

上映日:

2015年06月13日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まぁ何か行儀のよろしい4姉妹の、のほほんあったかいふわふわ系の映画なのだろうと、あんま期待してなかったんやけど、めっち…

>>続きを読む

家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。 家族を作ることにおいて、血の繋がりなんてのはさほど重要ではない。 どう関わろ…

>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

上映日:

2015年02月28日

製作国:

上映時間:

115分
4.0

あらすじ

ロサンゼルスにある一流レストランの<総料理長>カール・キャスパーは、メニューにあれこれと口出しするオーナーと対立し、突然店を辞めてしまう。次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アイアンマン1&2の監督+ハッピー役のジョンファブロー❗️ 一流シェフが評論家にボロクソ書かれた事にブチギレて ひと…

>>続きを読む

深夜に観るなかれ‼︎ 【飯テロ映画です🍛】 特にアベンジャーズ関連が好きな方はご注目ください‼︎ なぜジョンファヴ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

設定はマイナス要素に溢れている。ダメダメな家族で全然イケてない。しかし、世界を包む空気には寒々しさはなく、軽やかでほん…

>>続きを読む

『カメラを止めるな』の劇場を後にしながら、ふっとこの映画が浮かんだ。 ぜんぜん内容違うけどw、私にとってはどちらも、転…

>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神

上映日:

2017年03月25日

製作国:

上映時間:

118分
3.7

あらすじ

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。 だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ》だった…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

でかい生き物がたくさん出てきて 人間なんて相手にされなくて でかいやつ同士が喧嘩するだけで 何故こうも映画は楽しくな…

>>続きを読む

未知なる島って… 島に人間いっぱい居てますやん!!★ キングコングや、恐竜みたいな?鳥? とか怖い生物いっぱい居てる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いい虫は死んじまった虫だけだ! ポール・バーホーベン監督 1997年製作 主演キャスパー・ヴァン・ディーン 勝…

>>続きを読む

定期的に観ている作品。公開当時は映像に興奮!B級感はそんなになかったのになぁ〜。 SF小説「宇宙の戦士」をヴァーホー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

私が観た範囲でも『ユナイテッド93』(2006)『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)の佳作が二本。…

>>続きを読む

2001年9月11日。 (テレビに映し出される映像がとても本物とは思えなかった。繰り返し見ても他人事。何日か経って、現…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【機械に動かされなくとも人間は動けるのだ】 初チャップリン。 社会風刺といってもチャップリンのコミカルな挙動が魅力…

>>続きを読む

誰だよこれのこと社会派風刺映画って言ったの!甘きゅんラブコメじゃねーか! ......というわけで初チャップリンです…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おれがあいつであいつがおれで ジャイアンの名ゼリフである、 「おれのものはおれのもの おまえのものはおれのもの」 …

>>続きを読む

【やっぱ自分に「さよなら」なんてできない】 「君の名は。」の元ネタになった作品として少し話題になりましたが、僕からす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画やばい。なんだこれ。いつも映画見て「失禁するくらいすごい!」とかぬかしてますが、「あ…ちょっ…(マジで失禁した…

>>続きを読む

残された最後の武器、それは反射神経だ! ジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル主演という黄金コンビでおくるSF…

>>続きを読む