青山

バスケット・ケースの青山のレビュー・感想・評価

バスケット・ケース(1982年製作の映画)
3.8
ぱっと見馬鹿馬鹿しいキワモノスプラッタホラーのようだが、ストーリーはかなりしっかりしていて悲しい余韻の残るお話だった。
化け物として産まれてしまった兄の悲しそうな顔と、初めて本気で恋をした弟くんの末路がつらすぎる。クライマックスのあの絵面は、それだけ見れば狂気的でナンセンスなバカ映画にしか見えないが、それまでのストーリーを考えるとなんとも残酷でつらみのある場面であることだなぁ。つらい。
撮り方もなかなか面白くて、(たぶん低予算だからベリアル人形を機械的に動かすことが出来ないためだと思うが)ベリアルが動くシーンはクレイアニメのように静止画を繋げて作られている。他のシーンとの繋がりとしてはやや不自然なものの、金をかけずに面白い映像を作ろうという気概が感じられて好きなシーンだ。
ちなみに無理やり作らされた続編も二本あるらしいが、某サイトでちらっとみたら、ベリアルにちんちんがついてることが発覚するという本作の余韻をぶち壊すクソ設定を導入しているらしく、一周回って逆に的なアレで観たい。