ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズの作品情報・感想・評価

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」に投稿された感想・評価

立川シネマシティで!!!
本当に大好きな大好きな大好きな映画!

ガイリッチーの処女作、そしてジェイソンステイサムのデビュー作。
リッチー監督の作品は最近ではこの手の入り組んだ作品ではなくなってきているので、私的には大変貴重な映画だと思っています!笑
ガイリッチー監督の映画は、このロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズを見る前にsnatchを見ていました。snatchを見たときは本当にこんなおもしろいオチを誰が思いつけるのか!と感嘆しました。
あの映画のつなぎ方に惚れてしまったくらいです。そして、今作。やはりおもしろかったぁぁ!
緻密に計算された物語が展開されていく。後半はもうウッキウキで見てました笑
最後はあれはどうなったんだろ〜〜って想像すると楽しい楽しい笑
まぁ〜みんなかっこいいわけです!あの4人組のキャラほんと最高です!なんか可愛らしいく見えてしまう笑
ジェイソンステイサムは今や最強の役をたくさん演じていますが、私はsnatchや今作のような役の方が好きです!


もう映画館で見れるのはこの機会が最後らしく、悲しさもありますが最後に見れたことへの喜びが大きいです!!!

シネマシティありがとーー!!!
イナ

イナの感想・評価

3.7
最後のFools Goldが最高
mie

mieの感想・評価

3.6
記録
タケオ

タケオの感想・評価

3.8
ロンドンの下町に生きる小悪党たちの群像劇を描いた本作は、ガイ•リッチー監督の初長編作品にも関わらず「英国版パルプ•フィクション」として大ヒットを記録した。

本作の監督であるガイ•リッチーという男は、コックニー(ロンドンの下町訛り)で話し「英国の闇なら知り尽くした」と豪語しているものの、実はイングランド王エドワード1世の血を引くボンボンというかなり胡散臭い人物だ。

しかし本作を鑑賞すれば、彼が類稀なる才能と映画への愛を持った最高のボンクラだということを充分に理解できる。

正直本作はド派手なアクションもないし、ましてや大きな感動をよぶものでもない。

センスの良い選曲に自信に満ち溢れた大胆な演出、緻密な脚本にポンコツ小悪党たちが醸し出す溢れんばかりの熱気、それこそがなによりも心地よいのだ。

100万ポンドという低予算で英国映画界に新風を吹き込んだ、極上のくだらなさが光る革命的な逸品と言えるだろう。
ShuIto

ShuItoの感想・評価

4.1
あぁぁあぁああッー!!ってなった
ステイサムがまだステイサムしてない
パロ

パロの感想・評価

4.7
イギリスのチンピラ映画
セリフもスタイルも洒落てる
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

-

面白い!もうそれだけ!
sawak

sawakの感想・評価

3.7
『スナッチ』の方が映像表現だけなら洒脱で好みだが、
ウィットに富んだ会話はイギリス映画っぽさ炸裂で、センスしか感じない。

「お前のポケットにはリベリアの国家予算しか入ってないのか?」って多分飲み会の度に言うので、先に謝っとくね。
junjun

junjunの感想・評価

4.0
ジェイソンステイサム出てるのにアクションじゃないのか〜、評価高いけどホンマに面白いんかなこれ、と思って観てました。


結論:面白かったです笑
登場人物の思惑や起こってる事態などの交錯感が良かったです。

後、音楽が個人的にかなり好きでした!
最初は話し散らばりすぎててよく分からなかったけど一気にまとまっていく感じね!
>|