ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」に投稿された感想・評価

RIO

RIOの感想・評価

5.0
最高に幸運で最高に不運で最高にお馬鹿な男達の最高に洒落たクライム群像劇。

ガイリッチーのデビュー作。
そして、我らがステイサム兄やんの出世作。

まさに、世界一”スタイリッシュ”という言葉が似合う映画。
それほど画面がクールなカッコよさで埋め尽くされてる。

些細な勘違いが重なりに重なって、不運な運命に流されていく男たちは間抜けな様をしてるし、やってることはアホなのに、ダサさを1ミリも感じないのは、やはりガイ・リッチーの天才的な脚本のおかげだと思う。

闇の裏社会を描いているのにも関わらず、まったく重苦しさを感じさせない、軽快でユーモアある会話劇には思わず引き込まれるし、

時系列を崩した斬新な構成と恐ろしいほどの選曲センス、シャレオツな映像表現、

色のまったく違う何人ものキャラクターを、あっという間に交錯させていく緻密なストーリー展開には、凄まじい才能しか感じない。

そして、それらをたったの108分にまとめあげる巧みな演出力。

なにより、サントラが最強すぎる。
数ある映画のサントラの中で、間違いなく生涯ベストサントラ1位の傑作だと言い切れるほど大好きな作品。

センスに溢れたガイ・リッチーのデビュー作にして最高傑作。
そんな彼の魅惑の世界観に浸りたい方にぜひ観てほしい一作です。
糸

糸の感想・評価

-
ラリってショットガンぶっ放す女がいちばん良かった
takamura

takamuraの感想・評価

4.0
ノッキンオンヘブンズドアとこれは何故かセットで思い出される。
登場人物がどこかで全員繋がってて、偶然と勘違いで自滅していくのが面白い。
設定や演出が上手く作り込まれている秀逸な作品です。

アクション映画じゃないときのステイサムってなんか頭悪そうなガチの卍感あって好き笑
Yukisounds

Yukisoundsの感想・評価

3.5
ガイ・リッチー監督のsnatchで楽しめたので、デビュー作品を鑑賞。
どっちの作品にどのキャラクター、と言うのがぐちゃぐちゃに思い出されるくらい、凝った魅せ方や雰囲気がかなり似ているけれど、個人的にはこちらの方が好きかも!
ラッキーステイサム🤞

このレビューはネタバレを含みます

盗んだ物を売って小銭を稼いでいた若者4人組がカードで儲けようとマフィアに挑むがイカサマにより負け、高額な借金を背負う。その返す金を強奪する計画を企てる。

若者、マフィア、ギャング、麻薬王、マリファナ栽培をする若者、借金の取り立て屋、マフィアに雇われている強盗が絡み合いその間を大金の入ったバッグと2丁の銃がグルグルと持ち主を変え、血が流れる。

最初からずっとテンポが良く音楽がいい。黄色み掛かった映像がいい感じの独特の雰囲気を出している。

若者たちはみんなが勝手に自滅していき結果オーライ。その過程をずーっと観ていて面白かった。クライムでバイオレンスだけどなんかコメディ。ラストが最高でした。
aru

aruの感想・評価

4.2
最後の最後まで最高でした!
個人的にとても好き
運命のイタズラによって群像劇が綺麗に収束していく過程が見事、オチも最高だしシュールさと爽快さのバランスとセンスもいい!
総じて印象的なセリフが多かった、エディの親父さんのは特に人生への金言レベル

ガイリッチー一作目でこれはすごい
Philip

Philipの感想・評価

4.1
最後に、主人公の父親が言った生きてないと歩けない、生きてるから歩ける、生きてる喜びを噛み締めて歩け的な言葉が印象的。てか超ラッキーだったな〜
>|