『RRR』に投稿された感想・評価

『バーフバリ』と違って舞台は現代(といっても1920年代の英国植民地時代のインド)。
基本的に徹頭徹尾、面白いんだけど、厳しくいえばちょっとだけ冒頭、物語が軌道に乗るまでが遅く感じた。
ビームとラーマのアクションがものすごい。バカバカしいほどのケレン味溢れるアイデアにはもう本当に感心しきり。
一番好きなのは「最強肩車」。リロードアクションがたまらない。
ダンスシーンはちょっと少なめ(だけどエンディングでちゃんと満腹)。
上映後の劇場って他の客の様子からなんとなく評価がわかるけど(つまらない作品のときなんてうつむき加減でそそくさと帰りがち)、本作ではみんな笑顔で会話が弾んでいた。そんな映画です。
Takabo

Takaboの感想・評価

-
この監督の作品、あいも変わらずパワーがつよい。テーマも自分好みですき。
kurita

kuritaの感想・評価

5.0
文句のつけようがないくらい異次元の面白さ!頭が爆発しそうに面白い!!!どうなってんだ!!!!!
今後のMCU作品全部ラージャマウリ監督に作らせろッッッ!!!!!
sk

skの感想・評価

4.2
きろく
satoko

satokoの感想・評価

4.0
インド映画にも文化にも全く明るくない私の感想
・オープニングめちゃいい、映画館で見てよかった
・ナートゥでブチ上げ
・歌とダンスがちゃんとストーリー上必要なものなのでめちゃくちゃ良い
・リアリティを求めてはいけない
・友情努力勝利
・ナートゥでブチ上げ
・長髪ラーマが超超超イケメン
・3時間もあるんだからさすがに全部やってくれるだろうという安心感がある
・3時間もあるから全部説明してくれる。見やすいしわかりやすい
・インターバル!?!?
・アクション爽快
・とにかくナートゥ
・エンディングに出てくる肖像画だけタッチが謎すぎ。
RICO

RICOの感想・評価

4.5
映画というエンタメをこれでもか!と堪能できる映画。映画の良さが全部つまってる。まさに映画館で観るべき映画。映画好きはもちろん、映画にあまり興味のない人こそ、一度観てほしい!
味方に欲しすぎる
niku007

niku007の感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良かった!バーフバリもハチャメチャで良かったけど、本作はさらに良い。加算式で点数をつけるので本当は8000万点くらいだけどつけられないから5点満点で。

冒頭の暴動鎮圧のシーケンスから度肝を抜かれた。ありそうで無かった多人数との対戦と大混乱の中でのアクションは、大勢に囲まれ乗られてダマになると大抵何かしらのパワーで吹き飛ばしたりするものなのだが、実際にあり得そうな地に足のついたアクションで解決してみせるところでガッツリ心を鷲掴みにされた。あれは凄い。もちろん途中の肩車アクションは本当に良かったし、ストーリーもわかりやすくてカッコつけてなくて良いですね。カッコつけてなくてっていうのは下手にスカしたり作り手の僕たちIQ高いですよみたいな事は全くやってない。インドの方々が、ひいては世界が見たかったインド映画を見事に具現化してくれてた。邦画にはそれが全く足りないところ。

唯一悪いところを言うとするなら映画が長いこと。そしてその長い理由はダレるからじゃなくて、あまりにも膨大な素晴らしいアクションシーンが沢山詰め込まれてるために、一つずつの印象が薄くなってしまうため。それ以外はまぁ最高ですよ。ダンスももちろんいいし。ダンスとか歌も結構自然なところで無理なく入れてくるし(不自然なのが悪いという事はないが)

侍とか武道とか忍者というコンテンツがあるのに映画からアクションを消し去った国からすると羨ましいです。
面白かった!!とにかくハイテンションのまま駆け抜ける3時間。
内容はいろいろツッコミどころもあるけれど、それ以上にエンタメとして昇華されすぎていてこちらに有無を言わさない。
映画の力を信じている人たちにしか作れない作品で、途中で楽しくて嬉しくて笑い泣きしていた。映画を見てこんな感情になったのは初めてでした。
>|

あなたにおすすめの記事