どーもキューブ

ダイ・ハードのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

ダイ・ハード(1988年製作の映画)
4.6

このレビューはネタバレを含みます

サブキャラで生きるマクレーンデカ


素晴らしいのはマクレーンデカを盛り立てるサブキャラの面白さが際立ちます。

ネアカな黒人運転手(気づかないのがネアカ)

相棒のお菓子大好きアルデカ。

彼との無線の交流が我々を温めます。

ラストの会うところも好き。

はなっぷし強い妻のボニーベデリア

ウィリスの推薦で役をえたそうです。

イギリス演劇畑から引き抜いた悪のアランリックマン

そしてジョンマクティアナン監督の緩急利いた演出がほどよくミックス。

ラストの花火のような火柱のなか馬鹿笑いするマクレーンデカに我々は胸救われるのです。

テロの描き方
アクション
テンポ
ワン最強ダイハードです。

追記
ジョンマクティアナンの最大のエポックメイキング。

今や繰り返し発売される殿堂シリーズ映画にもなり、なんと本作「ナカトミビル」模型付DVDボックスまで発売された
 
ダイハードシリーズ。

もともと「ブルームーン探偵社」とかテレビ俳優とかしていて、あまり売れてなかったけど、
ブルースウィリスも本作からメガ売れして、
デミムーアと結婚離婚して
こっから妄想だが、
多額な慰謝料発生して、
A級からZ級作品なんでも出演していいる

ブルースウィリスです。

私のクリスマス映画でもあります!メリクリダイハード!