どらみ

ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~のどらみのレビュー・感想・評価

4.0
映画監督信友直子と
仲良し3人家族で愛し愛されてきた自慢の一人娘直子ちゃん
の間の逡巡や葛藤を想った
カメラなんて放り投げてお母さんに駆け寄り抱き締め笑い泣きたかった時もあったんじゃないのかな?
(それとも映像作家としての性、業がいつもカメラを手放さない程の凄まじいものだったのか?)
お母さんが死にたい!って叫び
いつも献身的なお父さんが声を荒げて感謝せぇと叱った時の
私ばかり映さないでというお母さんの声がいつまでも耳に残る
映画が完成し上映されるのをお母さんが楽しみに待っていたというのも事実でしょう。
でもアルツハイマーで壊れてゆく姿を見せたかったのかな?
明るく社交的で颯爽と買い物してた姿だけ残しておいて欲しかったんじゃないかって思ってしまいます、ごめんね。

前作はアルツハイマーの記録だったけど
今回はお母さんの看取りの話だったから余計にそう思ってしまったのかも。

しかし名古屋で有名な長寿の双子銀さんの3人娘も長寿でお元気なのですが、90遥かに過ぎた長女の好物が唐揚げで長寿DNA流石あっぱれって思ってたけど
100歳の誕生日を迎え市長から金一封を貰ったお父さん
お母さんに”ハンバーグ食べに一緒に行こう”って誘ってた通りに
Cocosの包み焼きハンバーグ(サイコロステーキものっかってたよね)
を美味しそうにぺろりと平らげ
大好きな食後のコーヒー
お父さんが自宅で入れてくれるカップから溢れそうなコーヒーは
ちっちゃくて可愛いお父さんの身体から溢れる出る愛情の様にたっぷりだ

沢山本を積み上げ読み
毎日新聞も読み
良く食べ良く笑い良く歩く
家族への愛情いっぱいのお父さん
どうか末永くお元気で…

今回の続編は
40越えて子供も諦めてたのにこんな素晴らしい娘を持てて幸せだって言ってくれた最愛の素敵なお父さんへの
娘からのラブレターじゃないかなって少し思った…