嫁の映画狂い

すずめの戸締まりの嫁の映画狂いのレビュー・感想・評価

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)
3.8
"神様"と人間の関係性みたいなものが
分かりやすく描かれているように感じました。
新海誠さんの作品らしく、やはり音楽と映像のシンクロが素晴らしく、体の内側からゾクゾクっと心揺さぶられる感動がありました。