すずめの戸締まりの作品情報・感想・評価

すずめの戸締まり2022年製作の映画)

上映日:2022年11月11日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

あらすじ

『すずめの戸締まり』に投稿された感想・評価

Nana

Nanaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の力を感じたなぁという作品だな、、と思ったけど、、、
途中から「これってジブリ作品の総集編みたいじゃん」と思ってしまい、うーん、、、となってしまった
sae

saeの感想・評価

3.1
新海誠作品はどうしてもキャラクターとストーリーの展開・粗さが私には合わないのだけど、やっぱり映像の美しさ、題材、演出力は素晴らしかった。
個人の受けた被害の大小に関わらず、日本人全体にとって3.11の傷跡が大きいことを改めて感じる。

すずめが「上手く言えないけど」と繰り返したり、東北へ向かう途中の景色を見たときの芹澤とすずめの齟齬だったり、そういう繊細な描写がもっとされてると好きなんだけどな。
himajin

himajinの感想・評価

4.2
生きるも死ぬも運、すべて決まってること。でもその上で1日も長く生き延び、運命に逆らってるつもりで感情的に生きることが人間らしさ。みたいなことが前提に作られてる気がする。なのでドライではありつつも、リアルな感情の変化が描かれていて感動するシーンが多かった。おもしろかった
Cape

Capeの感想・評価

3.5
昭和音楽ドライブ
イントロ
効果音

(記録用)
たれ

たれの感想・評価

-
友達に誘われて観た

何も知らないで観に行ったら初っ端から震災のこと思い出してふつーに怖くなった

食事とか通学の雰囲気とか生活の描写はすごく良いんだけど、キャラクター設定と構成がオタクはこういうのが好きなんやろ?W感が見え見えでだるかった

これは好みだけど彩度バキバキの田舎の風景がファンタジーすぎてわろた これが都会から見た田舎か

茶髪のスポーツカー🏎ドクロ男みたいな大学生は2012年で絶滅したよ今流行りの大学生は自称パチカスのヤニまみれ酒浸り男です

こんな気持ちになりながら観る価値は無いと思ったけど、自然災害に耐性ある人は観ても良いかもしれません
地元の友達や家族にはおすすめしません
ノンフィクションと混ぜたから賛否両論なのかな。
ジブリ作品ももうそうなんだが、過去作と比較される傾向にあるから「最高傑作」を出すのは難しいよね。
ネタバレは避けるが、重要では無いもののいくつか疑問が残るシーンや設定がある。設定資料集や、原作小説、監督独自の頭の中の意図(インタビュー限定内容)でしか表現出来ないなどあるのか?煩わしいと思ってしまうンだよな〜。たぶん、年月と共に評価が変わる作品とみた。
Tatsu

Tatsuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

新海誠映画史上1番良かったと思う。
ストーリーがまさかの震災をテーマにしたものだったとは思わなかった。緊急地震速報や地面が揺れる描写、被災地東北のいたたましい様子をリアルに描きながらも、扉であったり常世の幻想的な世界でファンタジー要素を付け足して中和していくバランス感覚がとてもよかったと思うし、作家性とエンタメ性の両立が「君の名は。」以降どんどん上手くなっているなと感じた。
これができるのは今のところ新海さんと細田さんだけなのかな…
RADの歌がうるさくなかったのが1番評価できるし、やっと映像作品として勝負してきたのが分かった。

ただ、テーマが多くの人に刺さるものだったはずなのにあまり感動できなかったのはどうしてだろうか。キャラの深掘りがされず愛着が持てなかったから?説明台詞が多すぎるから?
映像美に観客も慣れつつあるからもうちょい脚本を頑張ってほしい。テーマ自体はとても良かったから本当にあと一歩の作品…!

ギャグは個人的にはまぁまぁよかった印象。
ダイジンたちが喋って、芹澤が驚いて車を脱輪させて扉取れちゃうところは面白かったと思う。
だーし

だーしの感想・評価

4.2
おかえしもうす!!!
Rina

Rinaの感想・評価

-
君の名はと天気の子より変態要素少なかったけど、自然災害とリンクさせるのが好きな方なのね。アラートが不快やった。
>|

あなたにおすすめの記事