あずき

リベリオンのあずきのレビュー・感想・評価

リベリオン(2002年製作の映画)
3.5
序盤のガン=カタシーンで一気に引き込まれたアクション映画。
静かで無機質でダークな世界観だからこそ、主人公が感情を取り戻していくシーンに感動する。

そして序盤の相棒を撃ち殺すシーンがやけに綺麗で印象的。