NOOO000ooo

ブラウン・バニーのNOOO000oooのレビュー・感想・評価

ブラウン・バニー(2003年製作の映画)
4.2
評価が低いのと、退屈とか眠くなるというレヴューが多かったので敬遠してた作品。
いやいやいや、めっちゃ面白かったです。

バッファロー'66が98年だから、90年代後半から00年代前半ってファッションのアイコンだったり、アーティストとしてだったり、ギャロって当時の若者はチーマーの不良少年も美術系の子も幅広いジャンルの少年少女が影響受けてたと思う。
僕自身、映画はもちろん、アートだったり音楽だったりファッションだったり少なからず影響受けた。
とりあえず、90年代は僕にとってそんな時代だったから「車の泥の飛び跳ね方カッコイイな」みたいな、わからない人には絶対わからない会話普通にしてたな。。。ってちょっとノスタルジー。

個人的にはロードムービーが映画のジャンルで1番好きというのもあってずっと見てたいくらい大好きな作品でした。
やっぱ、ギャロはカッコイイし、突き抜けてるわ〜。(と思えるかどうかが評価の分かれ目なのかもしれません。)フロンドガラスの泥の飛び散り方も、飛び散った泥の隙間から見える乾いた景色も、ブーツカットジーンズの裾が足んなくない?ってとこもゴールドのバイクに黒いメット合わせんのね!ってとこも、ここって世界最速のインディアンのロケ地だよねってとこも、バイクのマフラーいい音してんなってとこも、やっぱこの人変態だなってとこも。かと思うと無音になったり、フレームぼやけちゃったり。とにかくギャロの美意識全開。

衝撃のラストの後、フロンドガラスの泥がいい加減に薄く伸びながらだけど拭かれて綺麗になってるの。
難しく考える映画じゃないという感想だけど、個人的には太宰の人間失格を思い出したかな。