桔梗F

花嫁はギャングスターの桔梗Fのレビュー・感想・評価

花嫁はギャングスター(2001年製作の映画)
3.8
ヤクザの女組長の波瀾万丈な結婚生活を描いたB級アクション・コメディ。

日本での知名度は、ほとんどありませんが、韓国で興行収入歴代4位の大ヒットを記録し、香港でも瞬間風速で1位。

ハリウッドも歴代韓国映画、最高金額となる95万ドルでリメイク権を獲得し 、シリーズも三作作られたエンタメ映画(*^^*)
※リメイク企画はどうやら流れたようです…

ストーリーは、女組長(シン・ウンギョン)が余命幾ばくもない姉の「誰かと結婚してほしい」という望みを叶えようとする。

それで、堅気のさえない公務員を騙して無理矢理結婚するというドタバタコメディ。

どうみても、邦画の「二代目はクリスチャン」か「セーラー服と機関銃」の設定をパク…ゲホンゲホン、お借りしたエンタメ映画なので深みはないのですが…

特筆点は、
・シン・ウンギョンの「二丁鋏み」を使ったアクションがすごい!
冒頭の、闇夜どしゃ降りでの乱闘アクションのスタイリッシュさときたら(;゜∇゜)

髪型も身体のキレも、水野美紀を彷彿(*´-`)

アクションに力をいれるため、香港からアクション指導者を呼び猛特訓し、撮影時全治3週間のケガを負いながらも撮影と、かなり気合い入った肉弾戦です(;>_<;)

・かわいそうな旦那役パク・ソンミュンやキャラ立てのしっかりした子分たち

旦那は、どうみても中川家のお兄ちゃんにしか見えませんが(笑)、どうしても妊娠したいシン・ウンギョンに力ずくで逆レイプされるシーンは爆笑です(´Д`)

子分たちもしっかり描き、感情移入させてからズドン!と落とす点は、どうみても、「二代目はクリ…」とかのパク…ゲホンゲホン

というわけで、中盤まではヤクザの妻とそれを知らずに結婚してしまった堅気のドタバタコメディですが、終盤から一気に重くなります(´д`|||)

この展開は完全に邦画のパクリです(;゜∇゜)

終盤の敵本拠地単身特攻も熱く、アクションも○

シン・ウンギョンくらいキレのある韓国アクション女優は、かなり少ないので結婚での出演作減少は痛かった…

まあ離婚して、徐々に仕事復活してますが(*´-`)

完全にエンタメ特化した映画なので、後に残るものは少ないですが、アクション、コメディ、恋愛?、泣ける、重い、とさまざまな要素が散りばめられた佳作です(*´∀`)

TVのロードショーとかで入れば、けっこうな当たりレベルかと(´ー`)