品川巻

ムーラン・ルージュの品川巻のレビュー・感想・評価

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)
4.5
2回目の鑑賞。
ミュージカル映画アレルギーの私が「これは好き」と断言できる数少ない作品。
古き良きロックとポップスをミュージカルに落とし込んでいて、退屈になりうる歌唱シーンですらワクワクさせられる。
何より、「この世の色全部使いました!」と言わんばかりの絢爛なセットと衣装が最高。ニコール・キッドマンの登場シーンは目が眩む。

いきなりビートルズ歌い出すシーンはちょっと笑った。ロートレックなど実在の人物が登場するのも見どころ。