広島カップ

オリエント急行殺人事件の広島カップのレビュー・感想・評価

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)
3.7
この頃のオールスターキャスト映画はポスターが華やかでした。出演者の顔写真が長方形の枠に収まってずらありと並んでました。まるで14日目の結びの一番の懸賞みたいでした。
よっく覚えているのが『タワーリング・インフェルノ』とこれです。
ちょうど私は推理小説に凝っていた時期でしたし、豪華な列車は出て来るしウハウハもので観にいきました。ポワロは小説の中でイメージしていたものが初めて実写で見れたので、アルバート・フィニーがもう完全に私にとってのポワロになりました。
この映画、列車内の造りと出演者の衣装も贅沢で見所の一つです。
肝心の犯人はスカスカおつむの私には最後まで解りませんでした。