カリガリ博士の作品情報・感想・評価

「カリガリ博士」に投稿された感想・評価

ぽくて

ぽくての感想・評価

4.0
これぞドイツ表現主義!!
セットの歪んで大袈裟な遠近法や陰影は最高
人類の至宝のひとつと言える、百年前の浪漫活動寫眞。ジャンルはヒューマンドラマであり、ホラー映画、大どんでん返しのスリラー映画の元祖でもある。

独逸で戦前に勃興した表現主義によるセットやメイクは、当時の圧倒的な美術感を達成している。動く藝術を見たいのであればこれ一作で間に合うと思えます。さすがに大正時代にエンタメを求めるのは酷ですが、学術的に映画を見たいと思ったなら是非。

眠り男チェザーレという表面的な怪物はフランケンシュタイン博士やドラキュラ、ホラー作品などへのその与えた影響ははかりしれないし、博士自身の内面的な怪物の描き方が見事である。「ジキル博士とハイド氏」のように表裏一体の、誰にもありそうな欲深き心の描き方。フロイトの精神医学に通じてそう。

来年でちょうど100周年ということで再見。映画を愛する人種であれば人生で一度は観る価値がある。
おすすめの時期としては、秋の夜長に、好きなドリンク片手に見てみて下さい。あとホラー苦手なかた、ホラー映画の始祖とよばれますが、そこまで怖くはありませんので。
こうき

こうきの感想・評価

4.6
妄想の世界を、歪んだ背景によって表現した最初の映画では?

殺人シーンの影の描写は、言わずもがな後のあの超名作に影響を与えている。

アイリスショットが多用されていたのも印象的。

謎が残るラストがまたいい...。

1時間以上のバージョンを鑑賞。
ちひろ

ちひろの感想・評価

5.0
背景美術どうなってんだ!強い
チェザーレ美形…
終盤の展開最高

ただコンディションが悪いと寝る
nG0

nG0の感想・評価

3.5


博士が夢遊病の男を操って殺人を繰り返すお話。
オラてっきりぴちぴち黒タイツ男がカリガリ博士と思ってたぞ!ひゃ〜ビックリしたなぁ!

モノクロでサイレントだけとなかなかしっかり作られた作品で面白かった。
わりと風刺の効いたつくりで当時の政治状況がモロに影響されていた。

歪みまくった背景セットが印象的。
夢遊病患者のツェザーレがどえらい美形ハンサム。
まさかのラスト。すげぇやこれ
沢山の映画監督が影響を受けているので、気になり視聴。
舞台セットが独特で、とても興味深かった。
かのん

かのんの感想・評価

4.2
映画学の授業で気になってたから見れて嬉しい
ハラハラドキドキした!
サイレント映画で言語情報が少ない分、
バックで流れてる音楽の心理に及ぼす効果の大きさに驚く。
山の小道の現実的な風景と極端に歪められた舞台セットの対比が、回顧シーンの夢物語な感じを強調してるのかな
Soh

Sohの感想・評価

-
100年前のホラー映画

カメラは動かず、光も捉え切れない時代。暗くすると映らなくなるのか、夜でも明るい。
セットが歪んでたり、ドアが三角だったり、壁画にドイツ表現主義がでてる
無声映画はある程度の背景知識、理解力が必要
このオチは後時代への影響が大きかったんだなって思えた
元祖ホラー映画。
美術と人物が醸し出す不気味さ。
演劇的な体の使い方はサイレントならではか。
>|