MovieLover5

ICE ふたりのプログラムのMovieLover5のレビュー・感想・評価

ICE ふたりのプログラム(2018年製作の映画)
4.2
2023/No.25
ロシアが戦争始めたから半年以上上映延期になっていた。観客はものすごく少なかった。ロシアにお金落とすことになっちゃうのかな…と頭をよぎったけど、内容はすごくよかった。
ロシアのフィギュアスケート選手の、師匠との出会い、ペアパートナーとの出会い、脊髄損傷からの復帰。 ここにいろんな人が関わって、色んな人に支えられて、努力を諦めたり、またやり直したり。
ミュージカル仕立てでコミカルでもありつつ、トップからどん底に落ち、そしてまた這い上がる、元気になれるストーリーは、結構重みがあった。
誰もが羨むトップより、自分が幸せと思う相手を。ラブストーリーとしても良かった。

他のユーザーの感想・評価

りた

りたの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

好きな人とのご飯がキャンセルになって、「あー、もう、普段ラブロマンス系の映画観ないけど、観たろ」と思ってなんかふらっと鑑賞。
思ってたラブロマンス系と違いました笑
これが「ハートフルラブストーリー」なのね。

途中でミュージカル調になるし。
ロシアの映画と知らずに観て、スターウォーズネタ出てくるしw

一番泣けたのが、
コーチが
「私の娘が一人で氷にいるの」
「Please Music(カタコト)」
って。

恥とか名誉とかそんなのどうでもよくて。
闘ってる我が子同然のナージャを想う気持ちが。

はぁ、ほろり🥲

メンヘラ人間なので、
この人がいたら大丈夫な気がする!
っていう関係性を築ける人ができたらいいな。
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

4.8
フィギュアスケートの世界で頂点を目指すナージャが、アイスショーで脊髄損傷となる大怪我をしてしまいます。
もう頑張りたくない!と叫ぶナージャの前に現れた、アイスホッケー選手のサーシャ。彼のはちゃめちゃなリハビリとスターウォーズのフォースのおかげか再びリンクで滑るまでに回復。
そんなナージャが直面する選択。
ケガさせたレオーノフと組んでアイスカップで頂点を目指すか、その他大勢となるのと引き換えにサーシャと過ごすのか…

これも上半期ベスト1候補だなぁ。

ロシア映画なのに歌って踊る軽やかな
演出はもっと知られてもいいと思う。
ぐち

ぐちの感想・評価

3.3
フィギュア好きとしてはそうはならんやろ😂てツッコミどころも多々あるけどそういう突っ込みは野暮なタイプの映画。多分スタッフもわかってやってる。スケートのこと以外もそんな馬鹿な展開だしね😂
あとロシアスケート界ではある事なのかもしれないのでその辺はよくわからん。

恋愛映画ってよりスポ根ミュージカルかな?
ミュージカルシーン歌も演出も好きだった!もっとがっつり歌って踊るシーン見たかったな〜と思うけど、予算や演出の限界かな?
スケートリンクが最後以外ほぼ1箇所で撮られてるっぽいのとか、ミュージカルシーンのやや力が足りない感じとかスケートシーンの撮影の仕方とか、全体的に予算は少なめなのかもしれない。
少なめったってスケートとミュージカル両立してるんだから相当かかってるとは思うけど。どっちも撮るのが爆裂大変だと思う。

最初の方、ネイビーシールズのブートキャンプで見たことあるようなシーンが出てきて笑っちゃった😂
でも国家が育成に全力を注いでる国のスポーツってこんな感じなのかな…
マーベルヒーローのブラックウィドウが育った施設もこんな感じだったな。ナターシャもロシア出身だね。

サーシャとナージャ可愛かったけど、最初の荒療治シーンは虐待に近くて、身動き取れない女性とちょっとイカれた感じに見える若い男性って絵面もあいまってあんまり笑えなかった。

最後の展開は、いろんなツッコミどころは置いとくとしても、あの二人のペアが観客に愛されるまでの過程が足りなくてノりきれなかったなー…国内大会じゃなくて五輪だしね…
そういえば「五輪」ってワードを出すのって相当権利とかお金とか煩いらしくて、だから「アイス・カップ」って架空の大会にしたんだろうなと(でもロシア代表ジャージはしっかり公式だった。bascoの協力は得られたんだね)
一応あのペアでアイスショーに一度出てるから布石はあるんだけど、それだけじゃ弱いよな〜もっと観客に認知されてるような描写があって、スケートが上手いわけじゃないけどなんかあのペア愛せるよね、みたいな過程を描いてたら最後ももっとグッときたんじゃないかな。
全体的に国内代表クラスの話を描いてるのに話の外やフレームの外の、見えないところのスケール感が描き切れてなくてすごく狭い範囲の話に感じてしまった。
これは低予算ならではの感覚でもあるので仕方ない。
役者とスタントを切り返しながらスケートを撮るのって難しいんだな〜というのも感じた。

どんなに出来が悪くても裏切り行為をしたとしても、コーチは最後には必ず選手に寄り添ってくれるっていうの、ロシア製作のフィギュア映画って感じで良かった(この辺はどの国のどの競技でも同じかもしれんけど)

あとサーシャくんは多分ロッキーも観ている
yuzu

yuzuの感想・評価

-
俺たちのレジェンド・オブ・ウォーのアレクサンドル・ペトロフが出演となれば観ないわけにはいかない!

やっぱロシア製エンタメ映画の質は高い。ベタベタの展開なんだけど、リンクを滑走するヒロインの撮り方はバチクソかっこいいし、歌も盛り上がる。
フィギュアの男女ペアがイコール恋人の関係ってとことか、ラストの観客の行動とか、もうおいおいって感じではあるんだけど、まあこれでいいのだ。

ロシアは寒いなー。わざわざリンクに行かなくても、そのへんの凍った湖で練習できるのか。

それにしても、エンタメロシア映画が公開されるの久々な気する。昨年公開の作品って、「親愛なる同志たちへ」「チェルノブイリ1986」「戦争と女の顔」みたいに、純粋なエンタメ作品とは言い難いもの(しいて言えばチェルノブイリ?)とかしかなかったもんな。
もともとロシア映画は大好きなのだ…。早よプーチン一味が死んで(なんて単純なことではないんだけれども)、大好きなロシア映画ドバドバ公開してくれ。
safi

safiの感想・評価

3.7
ロシアの大衆娯楽映画と聞いて興味があってみてきた。

いきなり歌ったり踊ったりでびっくりしたけど、逆にあの冷酷そうに見えるロシア人が笑ったり泣いたり感情をむき出しにしてスポ根をやってて、それはすごく当たり前のことなのだけど非常に感動した。

なんでこのタイミングでこの映画を配給してくれたんだろうか、と考えた時に「ロシア人も日本人と同じようにこんなくだらない(めっちゃいい意味で!)恋愛映画に夢中になったりするお茶目な人たちなんだからね」という優しいメッセージを感じ取って心がほかほかするなどした。

内容はスポ根とラブでめちゃくちゃ王道。

主演の女優さんの美しさに圧倒されてみててずっと楽しかった。
独特なミュージカル形式のフィギュアスケート映画。正直、ダサいPVの寄せ集めという感じで、ミュージカル部分と恋愛描写はかなりクサいが、地のドラマはユーモラスで割と楽しめた。フィギュアスケートのシーンも本格的でカッコいい。謎演出が散見されてちょっと笑ってしまうが。実際のロシアフィギュアスケート界はドーピングに厳しすぎるシゴキにと散々なのだが、そういった現状へのアンチテーゼかもしれないと思った。
2018年に製作され、2020年には続編も公開されているらしいです。ロシア映画というのをぬきにして恋愛物ですが実際には有り得ない展開ですが、楽しめました。
戦争行為は駄目ですが、スポーツやエンターテイメントに携わる方々には罪は無いと思います。
アレクサンドル・ペトロフが出てるというだけで観た映画だったが意外と面白かった。
メインの二人続投で続編も製作されている。

ロシア映画だからなのか?1日1回しか上映してないし、ポスターは掲出されてなかったけど。

スケートに目覚めた少女がスターダムにのしあがる話かと思いきや違うのね。
これはそのスターダムからの予期せぬ転落と復活、しくじりアイスホッケー選手との友情を越えた交流を描いていた。

スター選手に見いだされ頂点を極めた後だけに、その後の困難から再度登りつめるには相当なハードルが。

アレクサンドルが演じるサーシャの「身体能力はピカイチだがダメキャラ」がとてもよくて、憎めないキャラなんだな。
世界的有名スケーターは自身の栄光のためだけに人と接し、糧にならないと思えば切り捨てる無情キャラ。
その対比がベタだがいい。

ナージャの心を開いていく無邪気で明るいサーシャ。

クライマックスはまさかの形となるが、あれもちゃんと理由付けされてるしね。

スポーツエンタメとしてシンプルに面白かった。
まさ

まさの感想・評価

3.7
ロシア映画だということで、抵抗が全くなかったと言えば嘘になる。時間にあう作品を見渡して、興味を持てた作品を素直に見ようと思い、鑑賞。急に演者が歌い出し、ミュージカル要素が盛り込まれた作品であることに気づいた時には、自分が興ざめしてしまうことを覚悟したが、なんとか許容範囲だったらしい。ストーリーの方は、苦労する幼少期を乗り越え、掴みとる栄光、そして挫折と転落、そして愛の力で…。というスポ根ものと恋愛もののダブルで王道もの。しかも、そんなことあり得ないでしょ、という突っ込み付き。それでも、というかだからこそ楽しめたのかもしれない。特徴的なキャラ設定に、コミカルさとしんみりさと緩急のある演出で、笑いもありつつ、終盤はしっかり心が揺さぶられた。あらゆる国の映画も抵抗なく見ることができる、そんな平和な世界を望みたい。
アラビアンナイト
逆転のトライアングル
ワース

いくつか他に見たい映画がありましたが、何となく本作を選択。
なんかお疲れモードなのです😏

ポスターみてみて。
エターナル・サンシャインのような美しいそれに惹かれてが鑑賞動機。
そして恐ロシア映画。

舞台がロシアで、そこのフィギアスケート…。現実にはかの国のソレも含めて色々と取り沙汰されていますが…多くは語らない。

雑なあらすじは、
怪我したフィギアスケーターが
(ここに至るまでが別のドラマなり)
アイスホッケー選手の
(なかなか出てこない)
助けを借りて再起するお話
(これがメイン)
かつラブストーリーなのでした
(でなくてこっちがメイン)。

ロシアのフィギアスケーターのヒロイン役なんできっと妖精のような女優かと思いきや案外普通のおぼこい感じの子、そしてメインのアイスホッケー選手は、T34の隊長!なんつうか泥臭い。

で、ミュージカル映画でした。
なんかそのシーン(歌)はマサラ映画のよう☺️
で、コメディを想像してましたが笑いなし。

ポスターのようなロマンチックなキラキラした映画を期待したらば、少し違ってなんだろ案外がっしりスポ根て感じで、
でもラストの記者のインタビューを受けての
最後の彼女の台詞とキスが王道、

もう復活してるわ、
次は勝利を目指すだけ。
「ICE ふたりのプログラム」の感想・評価を全て見る

MovieLover5さんが書いた他の作品のレビュー

マッシブ・タレント(2022年製作の映画)

3.0

2023/No.40 ニコラス・ケイジが本人役で、落ちぶれた俳優を演じるところが、ユーモラスで面白い。過去作の話も出てきて、それも楽しめる。
現実が入り混じるのに、自分の感覚ではありえないでしょ、って
>>続きを読む

妖怪の孫(2023年製作の映画)

4.0

2023/No.39 「パンケーキを毒見する」が面白かったので、楽しみにして観に行った。満席で完売になってて驚いた。それなのに…、今日、朝早くて途中ちょっと寝てしまった。ものすごい悔やまれる。
報道の
>>続きを読む

デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム(2022年製作の映画)

2.8

2023/No.38 男性多く、かなり混んでいた。デヴィッド・ボウイの曲は1曲も知らずに見に行った。知らないのにも観に行こうと思ったのは、クイーンとコラボ曲を出しているから。でも、その曲は流れなかった>>続きを読む

シング・フォー・ミー、ライル(2022年製作の映画)

3.0

2023/No.37 大泉洋の番宣に素直に流されて吹替版を選択。日曜日、場所柄子供はほとんどいなくて、運がいいと隣がいないくらいに混んでいた。
歌は素晴らしく良くて、大泉洋も歌うまいじゃない!と思った
>>続きを読む

The Son/息子(2022年製作の映画)

3.6

2023/No.36 ポスター見て、その親子のイメージで観に行ってきた。ファーザーも、自分がいつかはそうなる日が来ることを思いながら、娘視点で現実を見る映画だった。

▼▼以下、ネタバレを含みます▼▼
>>続きを読む

長ぐつをはいたネコと9つの命(2022年製作の映画)

3.6

2023/No.35
#キレもふ長ぐつネコ
初日舞台挨拶、吹替版で見た
すごく楽しめた❣ アントニオ・バンデラスが山本耕史?って思ったけど、すごく意識しながら吹き替えたんだと思う。しっかりハマってた。
>>続きを読む