shucchi

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使いのshucchiのレビュー・感想・評価

3.5
改めて観ると非常に複雑な気持ちになりました…。いやぁ惜しいなぁ、、これは評価が難しい。。

旧作がドラ映画最高傑作だと思っている旧作信者のため、初見の時は改悪ポイントばかりに目が行き、「なんてことしてくれてんだ」と感情的になっていましたが、改めて観ると良い所もありました。

そもそも原作が面白すぎるので、本作もまぁ概ね面白いです。
そして作画がめちゃくちゃ気合い入ってます。
ドラミちゃん登場の伏線強化も良いです。

総合的にとても観やすい仕上がり。特に旧作未鑑賞の人は充分楽しめると思います。

が、旧作ファンとして残念な部分が多数あったことも事実…。。

まず最大の改変点メジューサ。
新ドラとして感動要素を入れ込みたかったのでしょうが、もうちょっと掘ってくれないと…という印象。
大幅改変の結果がこれでは、旧作ファンに大改悪と言われてもしょうがないかなと。。私も初見の時はふざけんなと思ったものです。

そしてやっぱりこれですゲスト声優制度。
歴代トップクラスの人気を誇るヒロイン美夜子さんにまでその魔の手が…。。
広告や製作費のためとか色んな事情があるんだと思いますが、作品のクオリティとしてプロの声優さん以上のものになった事があったでしょうか…悔しいです。。

何より決定的にパワーダウンしていたのは、作品全体を包む得体の知れないおどろおどろしさ。
あの魔法世界と魔界独特のワクワクドキドキハラハラ満載の「大冒険」が大好きだった私にとって、本作は良くも悪くも綺麗で薄く感じてしまいました。

カットされてしまった冒険パートのことを思うと、その分尺を使った改変部分は蛇足だと感じてしまうのでした。。

とはいえ、旧作信者の私も「惜しい」と感じる程に改変のポイントは悪くなかったと思います。
それを「改善」できれば、旧作クラスの傑作に化ける可能性があったのではと。


珍しくエンディング後にエピローグがあり、とても綺麗な締めくくり。余韻を味わえる素敵な終わり方がgoodでした…!