クラークスの作品情報・感想・評価

「クラークス」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.7
“強制じゃない、自分の意思だろ。こんな仕事代わりなんて誰でもできる。他の客を見下して安心してるくらいなら、なんで店員なんてやってんだ。”

[ヴューアスキューニバース 1作目]最高に好きな映画。コンビニ店員のダンテと隣のビデオショップの悪友ランダルの一日の物語。おかしな客や気が強い彼女や店の外にたむろうドラッグの売人。そんな“変な奴ら“によって退屈な1日に色が加わっていく。ジム・ジャームッシュのような何ともない人々の1日を切り取った世界にブラックユーモアと下ネタを足した感じ。撮影は監督自身が働いていたコンビニ、出演者はほとんど監督ケヴィンスミスの友達で構成されている。

全体的に会話のセンスとキレのよいジョークがカッコよくて、コンビニという狭い空間且つモノクロとは思えないほど機転に富んだ映画。冒頭の「昨日も閉めまで働いたのに」のセリフと音楽から最高にイカしてる。めちゃくちゃ好み。映画を愛するみんなに見て欲しいな。

ちなみにヴューアスキューニバースとはケヴィンスミスの映画世界のこと。全ては一つのユニバース(世界)であるから同じキャラが違う映画で出てきたり、他の映画の出来事が話題になったりする。ケヴィンスミス自身はサイレントボブというキャラでほぼ全ての映画に出演。この世界に移住したい。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7
主人公コンビニ店員ダンテと、友達で近所のビデオ屋店員ランダルの1日を、ショートストーリーのオムニバス形式で追っていくモノクロ映画。ほぼ会話劇で下ネタも炸裂。これが凄く面白くて、ずっと聞いていても疲れたり嫌になったりしない。ケヴィン・スミス監督は「コンビニ・ウォーズ」しか観てないけど他も観たいと思った。
翠

翠の感想・評価

-
観たかったの、Netflixにあったので鑑賞。

中身は終始下ネタ三昧ではあるのだけど、なぜだか心地良い、清々しい後味。

主人公の働くコンビニでの踏んだり蹴ったりなある一日。とりまく人間模様が描かれているが、登場人物ほぼほぼ全員のクソっぷり。
時折痛いところをついて良いこと言っちゃうビデオ屋のバイトもいい。
一見主人公がまともっぽいけど、最後にはビデオ屋に核心を突かれ一本取られたという感じ。
うだうだ言ってるけど、こんな日常、まあがんばろうぜ的になんとなくまとまっていく。モラトリアム期に想いを馳せたくなる、お下品だけど爽やか映画。
90年代!さいこー!
A

Aの感想・評価

4.0

ゆるゆる〜っと見れたしゆるく見るような映画だと思うんだけど、時々グサッとくる台詞が来てしっかり見ちゃう

白黒なのがいい味出してるよね〜
きょん

きょんの感想・評価

3.6
癖になる映画!
面白いわけじゃないのに面白い、不思議な気持ちにさせられる。日常なのに少し非日常な一日。
客を見下してるけどこんなとこで働く自分たちはもっとクソなんだなって、なんかフリーター貫いてる私にものすごく響いた。クソな客ばっかだけど結局そこで働く自分たちも同レベルで、他人を小馬鹿にしないとやってられないんだよね。
でも楽しかったらまぁいいよね。
Penny

Pennyの感想・評価

4.5
すごくくだらないのに1ミリも飽きない!

ランダルがなんだかんだ正論言うし友達思いでいい奴。

またコンビニで繰り広げられるのがナイスチョイス。
ついてなさすぎるけど笑
FF

FFの感想・評価

5.0
12-18のわたしを構成する映画のひとつ p2
>|