ミッション:インポッシブルの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッション:インポッシブル1996年製作の映画)

Mission: Impossible

上映日:1996年07月13日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ミッション:インポッシブル」に投稿された感想・評価

20200514観賞。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.2
ハリウッド大作であっても、にじみ出てしまうデパルマ感が好き。

このレビューはネタバレを含みます

研究室侵入のシーンだけ好き
mitsu

mitsuの感想・評価

4.0
スパイ、ハイテク道具、アクション、美女
最高!
プラハのカレル橋に行きました。
IronMan

IronManの感想・評価

3.8
2020年 185本目
12月 2本目
ゆうみ

ゆうみの感想・評価

3.5
ミッションインポッシブル全話復習

もう何回見たか分からない映画
ミッションインポッシブルを代表するシーンあるし、
ルーサーとの大切な出会いだけど
サスペンス色強め。

悪役がクズ極めてる。
a

aの感想・評価

3.5
記録用。
「 なお、このメッセージは5秒後に自動的に消滅する 」

CIAの特殊作戦部IMFは暗殺・謀略など特殊工作に従事している。フェルプス率いるIMFチームは、CIA秘密工作官のリスト漏洩事件における解明作業のため、プラハで作戦を遂行していたが、その最中にイーサン・ハント以外のメンバー全員が次々と殺され、チームは壊滅状態になってしまった。生き残ったイーサンに密告の疑いがかかり、その疑惑を晴らすため、フェルプスの妻でもう一人の生き残りであるクレアと共にIMF内部の裏切者を探す──。

記念すべきミッション・インポッシブルシリーズ第1作目。このシリーズ本当に大好きで堪らない。トム・クルーズとしてはイーサン・ハントのイメージを何とか払拭すべく最近色々な役を引き受けているような気がする。
シリーズ全体を通してからこの作品を観ると、「ずっとイーサンのターン」と言った感じ(笑)仲間の数も少ないため、イーサンがひたすらに頑張って任務を遂行していくその姿はまさしく主人公。これ以降の作品では仲間との描写も徐々に増えているのである意味イーサンの魅力を一番楽しめるものとなっている。CGなどの技術が今よりも未発達であることを感じさせないハラハラ感が特に後半ボルテージMAXで味わえるし、早く早く!とこちらまで手に汗握る展開となっているのが上手い。今ではあのラストはありきたりなように思えるが、当時では結構珍しいというか衝撃的だったのではないだろうか。最後の締めくくりもニヤリとさせられるし、続きを早く観たくなるような終わり方となっている。
イケメンで正義感の強い、絵に描いたようなヒーローであるイーサン・ハントもトム・クルーズが演じることで間延びさせない魅力的なキャラクターとなっているので注目して欲しい。
なーこ

なーこの感想・評価

4.0
何回も見たことあるけどうろ覚えで忘れちゃってた!かっこいいよ!若トムかっこいい!!

ベンジーは?ベンジー!!!!
>|