せみ多論

CUBEのせみ多論のレビュー・感想・評価

CUBE(1997年製作の映画)
3.5
久々に観ました。当時そこまで気にはしなかったような気がしますが、いま改めてみると低予算感は出ているものの、色々と試行錯誤することでカバーしている、そこがたまらなく好き。
ソリッドシチュエーションモノとしてはソウよりも古く、本作のパロディ、オマージュが何作も作られたほどでした。そして続編だと思ってパロディの酷いのを借りた思い出。

本作はまず話のテンポの良さが素晴らしい。

警官「あんたは伝説の脱獄プロのレンさんですね(´・ω・`)!」
おじいさん「そうじゃ(´・ω・`)」
警官「これで安心、助かった(´・ω・`)」
おじいさん「ぎゃー(´・ω・`)」
警官「死んだ(´・ω・`)!!」

こんなあっという間の展開にはそう出会えません。

数学の能力が高い方は作中のアレコレに色々と指摘している点があるようですが、あたしは数学に疎いもので真偽はわかりません。

唯一あたしが不満だったのは、ラストで警官がたどり着いてきちゃうことですかね。どうやったんだって話です。普通の警官がジェイソン、フレディのレベルに来てしまっていたので残念。

本作はなぜ彼ら彼女らがキューブの中に閉じ込められたのか、誰がやったのか一切わかりません。続編を意識していたのか、謎を多く残すことで不気味さやホラーとしての味を深めようとしたのか、それはあたしの知らぬところですが。

そういえばもう一点、序盤スキンヘッドの人が角切りにされちゃいますけど、あの角切りマシン、足のところが枠で引っかかりそうな気がしませんか。