ShinMakita

鬼と獣のShinMakitaのレビュー・感想・評価

鬼と獣(2022年製作の映画)
1.8

暴力組織「ペクジョン派」に、9人の極道を独りで瞬殺したことで〈鬼=トッケビ〉と恐れられる伝説の殺し屋がいた。名はドゥヒョン…ボスのペクサン会長に苛め抜かれる舎弟のヨンミンを庇う優しい男だった。ある日、ヨンミンが会長と揉めて殺人を犯してしまった。ドゥヒョンは、幼い娘ウンジュを1人で育てるヨンミンのため、その罪を被って服役することになる。

10年後。ヨンミンはペクジョン派のトップの座に着いていた。いっぽう模範囚で釈放されたドゥヒョンは、逮捕時に赤ん坊だった娘イェナを陰から見守りながら堅気の仕事についていた。もうペクジョン派と関わる気もなければ人を傷つけるつもりもない。ただイェナのそばにいたいだけだ…そう考えていたドゥヒョン。ある日、イェナの小学校の前で下校を待っていた彼は、生徒の送迎車にぶつかってしまう。乗っていたのはイェナの同級生ウンジュ、ヨンミンの娘だった。ドゥヒョンはそうとは知らなかったが、ヨンミンはこの事故がドゥヒョンの〈復讐〉予告だと誤解してしまう。トッケビに狙われる恐怖に苛まれたヨンミンは、ウンジュを護るためドゥヒョンを狙い始めるが…


「鬼と獣」


以下、鬼とネタバレ。

➖➖➖


ジャニーズ系のイケメンながら、マッチョでパワフルなアクションを見せるチョ・ドンヒョクがトッケビ=ドゥヒョン役。ドラマ「バッドガイズ」でマブリーと並んで無敵の坊主頭だった人ですな。対するヨンミン役は、よく知らない(笑)。田中圭みたいに一見温和だけどなんか信用できない感じのルックス。
互いの娘たちの小学校でのトラブルをきっかけに2人が再会するという設定や、2人とも父親として「ダメダメなんだけど気持ちわかるわ」な部分があって、まずまず楽しめました。のむコレはハズレが多いけど、これは当たりの部類。