ファンタスティック・プラネットのネタバレレビュー・内容・結末

「ファンタスティック・プラネット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

可もなく不可もなく
見た理由はパッケージなので、途中から何のために見ている…?と自問自答しながら見た

子どもに塗り絵させたみたいな色彩
どこかの星の教育番組のようで、言葉が全て作り物なので想像もできず、
音は昔のドラマみたいな大げささ
世界観が凄すぎて…
シュールでとんでもなく美しい映画
支配する側は悪意なく束縛してるっていう、そのことが一番恐ろしい
知識が勝つんだなぁと
普段いかに身勝手な殺害をしてるか反省させられたけど、ごめんだけど、蚊とゴキブリだけは殺させて
2回目
この作品との出会いは、友達に勧められたTABOO1の禁断の惑星と80sディスコのSpacer Wamanて曲をYouTubeで聴いてから
PV観て衝撃を受けた💥

今度は映画を友達に勧めたところ見事ハマったようで何よりだ🌝中毒性のあるSF映画。インフルの夢の世界!
内容は意外としっかりしてる
最後のシーン 実はドラーグ星人が異世界で交配してるの予想外すぎて笑う
強大なものに支配される弱者、
たとえ積み上げることが難しくとも、破壊するのは容易いのだ。































ドラーグ人に支配された人間達がやがて独立し、反旗を翻す物語。……というとスタイリッシュなようだが、実際は大分ゆっくりと、淡々としたテンポで進んでいく。
ドラーグ人の学習システムを盗み、めいっぱいの知識を蓄え、でも結局は武力を用いるところが人間らしい。ドラーグ人には青い血が流れてるんですね。
意味不明な単語の羅列、想像もしないような奇妙な生物達、無感情なドラーグ人の赤い瞳。とにかく理解するのに時間がかかる。何か悪い夢を見ている感覚。(褒め言葉だ)
もしかしたら近い将来、人間も犬や猫のペットに支配されているかもしれない、とすら思わせる、非常に芸術性の高い作品。

短編・かたつむりの方が意図が分かりやすいか?
まさに手塩にかけて育てた野菜達が突如として現れた強大なもの(かたつむり)に食い荒らされ、更に彼らは野菜だけでなく生活すらも蝕んでしまう。植民地支配と似たものを感じる。市民が襲われるシーンであえて女性ばかり狙っているのもそういう発想があっての事なのだろうか?
ラストシーン、老人は今度は人参を育て始める。やっぱり文字通り手塩にかけて育てるのだが……ちらりと映るのは……ウサギ……?
「どうして失敗したのにまた同じことをするんだ」と言いたくなるが、果たして老人が悪いのだろうか?植民地支配の例でいえば、誰も彼を責められないはずだろう。
強大なものに出会った時、目先の弱者を攻撃したがる人間心理に付け込んだような、ゆったりしたテンポと裏腹に鋭い作品だと思う。
ドーパミンどばどば
bgm好き
絵からもっとぶっ飛んでのかなと思ったら、中身は割と普通に展開されていく感じ。
ちゃんと筋も通っていて話を追える。
難しく解釈しようと思えば、出来るんやろーけど、あんまりわからなかった笑
やっぱフランス映画はちょっと苦手やわ
ラストで語られた惑星「テール」は、いわゆる「テラ(地球)」で、これは人間の起源の話かな
不思議な、そして気味の悪い生物がいっぱい出てくる。。古いアニメだけど、独特な絵と世界観で古臭さは全くない。
音が良かった
人間狩りが地味にしっかりしていて良かった
WOWOWで放送していたので久しぶりに鑑賞。
大好きな映画の中の一つ

巨大で青いドラーグ族の娘・ティバとそのペットとして飼われたオム族(人類を指す)テールの話
オム族がドラーグ族に支配され虐げられて生きる様は人類間でも類似した事を耳にします。
生殺与奪を握られながら愛玩動物として生きるテールとティバの安穏な暮らしと
そこから逃れ自由に生きる術を得ようとする争闘のコントラストが見事に描かれている

独特で完成された世界観で描かれていて、はまる人はとことんはまれるでしょう。
未知への恐怖や好奇心も掻き立てられ、1時間と少しがあっという間でした。
奇妙でどこか愛らしい生物やドラーグ族の謎に満ちた文化、彼らの行う瞑想の意味など 考えてみるのも楽しいかもしれません。
人間が犬みたいに扱われている。
高等人種と野蛮人種はペットと野犬の違いかなと思ってたけど、IQの違いっぽい

人間の儀式が行われるシーンで、先に女性が裸になり(ムーディーな音楽が流れる)裸の女性が駆け回り発光した男性が追いかけてるのが蛍の交尾みたいで気持ち悪かった。
SEと世界観が独特なので、自分の頭なの中にないイメージを見たい!って時にはいいかも
>|