ファンタスティック・プラネットの作品情報・感想・評価

「ファンタスティック・プラネット」に投稿された感想・評価

KOME

KOMEの感想・評価

5.0
音楽も世界観も素晴らしいアニメーション
MARINA

MARINAの感想・評価

4.0
昔のフランスアニメだけど、
イラストの色合いやデザインが
インパクト強くて気になって
借りてみました!
終始アートを見ているかのような
感覚で、不思議と最後まで気になる
独特な雰囲気の映画でした👽👣
センス溢れすぎでしょ
イヌズ

イヌズの感想・評価

4.2
何回見てもおもしろい。全部好き。
あの奇妙な世界観が好き。
ナウシカのオマージュ元の映画って聞いてなるほど〜と。

淡々としてるけど結構ショッキングな映画だった。
ふじ

ふじの感想・評価

4.7
切り絵アニメの有名作らしい。ユーロ圏の人たち特有の奇怪な表現の方法のヒントを得ることができた。他のセル画作品も見てみたい。
カルトアニメとしてけっこう有名な映画。ドラーグ族という青い肌に赤い目をした巨大な生物がいて、彼らはオム族という、人間ぽい見た目をした(まぁ、フランス語のHommeからとっているのだろうから、人間なんだろう)種族を奴隷やペットとして利用している。それで、オム族が反旗を翻そうとしたので、ドラーグ族も怒ってオム族絶滅作戦を企て、全面戦争になる、という話だ。大筋としてはそんなにカルト感はないのだが、まぁいろいろとおもしろい点があって、それがカルト映画と呼ばれる所以なのだろう。第一に、ドラーグ族の瞑想シーンがキモすぎるという点。彼らはある目的のために瞑想を生活のなかで大事にしているのだが、瞑想中に、瞑想しているもの同士でからだが溶けるというか分裂して融合するような物理的に理解不能なところがあって、ここはけっこうトラウマポイントらしい。それから、オム族のの遊ばれ方、殺され方がけっこうえげつない。ドラーグ族の武器に円盤状のガス爆弾を大量発射するものがあって、それで大量虐殺されるのだが、オム族は見た目が人間なので、けっこうきついし、たぶんこれはユダヤ人大量虐殺を隠喩しているのだろう。
えりか

えりかの感想・評価

3.8
ものすごい世界観。
絵も音楽も引き込まれる。
みちる

みちるの感想・評価

3.7
食欲失せるくらいシュール
>|