ピートロ

窓辺にてのピートロのレビュー・感想・評価

窓辺にて(2022年製作の映画)
4.2
今泉作品の原点に立ち返ったような、濃密でストイックで洒落てて誠実でウィットに富んだ傑作。
すべてが「会話劇」というストロングスタイル。会話とシチュエーションの面白さだけで約2時間半を劇伴もなく飽きさせずに完走する。いやあ、会話がほんと面白い。会話のおもしろさでは歴代一番じゃないだろうか。個人的には久保留亜の隠棲した叔父とタクシーの運ちゃんとの会話がお気に入り。
当て書きしたというだけあって、主役の市川茂巳は稲垣吾郎のパブリックイメージを最大限に活用した魅力的なキャラクターだった。
窓辺で日差しを半身に浴びる吾郎ちゃんの雰囲気がもう最高。
正直、最近、ちょっとだけ監督の新作はレンタルでいいかなと頭がよぎっていたけれど、すいませんでした、次作も劇場に足を運ばせていただきます!