奇人たちの晩餐会の作品情報・感想・評価

「奇人たちの晩餐会」に投稿された感想・評価

hiromi

hiromiの感想・評価

4.0
2年に一回くらいのペースでリピート。じわじわくる面白さで、観れば観るほど面白く感じる。
最初は馬鹿にしている様子があまり好きでなかったが、だんだんとコメディとして面白くなり、 笑ってしまった!
オチもいい!
yukichi

yukichiの感想・評価

-

バカをバカにすれば
バカがばれる
バカだってバカじゃないことだ
ake

akeの感想・評価

3.6
晩餐会を舞台にゴタゴタするのかと思いきや、もっとこじんまりしたお話だった。

ピニョンの言動には困るけど、どこか憎めなくて笑える。

人を笑いものにしようと思った側が笑われるような状況に追い込まれる。
人を嘲うと天罰がくだりますね。
Zip-ang

Zip-angの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ぎっくり腰
酸っぱいワイン
あやしい右の部屋
公衆電話
バカって言った方がバカなんだよ!と小学生の頃に乱用されていた言葉を思い出す。

音楽が流れないが必要ないんだろう、終始喋りっぱなしで笑いが絶えないのだから。
MiYaTa

MiYaTaの感想・評価

4.2
バカをバカにして楽しんでた男が、バカのバカさによって痛い目を見る映画。なかなか笑えるし、テーマもオチも良い。良質なコメディ。
Marquez

Marquezの感想・評価

3.5
あまり馴染みのないフレンチコメディ。その分、新鮮で面白かった。 
友人のジュスト・ルブランが笑いをこらえる様子がおかしくて、ジュストが映るたびにつられて笑ってた。
本当のバカは誰?っていうブラックさが後半に行くほど加速。ピニョンの意外な男前さに軽くほれた〜笑
なはは

なははの感想・評価

3.6
サクッと見れて笑える
社長仲間が集まって食事会をする。
その食事会に、それぞれが見つけたおバカさんを招待して、そのおバカっぷりを見て笑うという悪趣味なことを毎週水曜日にする。
プロシャンはギックリ腰になり、その奇人たちの晩餐会に行けなくなったが、
ピニョンがやって来てしまう。
おバカなピニョンと二人になったことから起こるコミカルな一晩の出来事。
映画を観るというより、肩の力を抜いてコントを観るような気持ちで笑って楽しもう。
ピニョンのおバカっぷりもオモロイんだけど、それに対するプロシャンのリアクションがオモロイ。
はあ?今、なんつった?みたいな顔がオモロイ。笑った。
>|