宇賀ちゃん

バートン・フィンクの宇賀ちゃんのレビュー・感想・評価

バートン・フィンク(1991年製作の映画)
3.5
何とも不気味な雰囲気で、多々あるメタファーを見事なカメラワークで表現しており、主人公の苦悩を綿密に描いている。
しかしそのメタファーやストーリーは難解。ちょっとしたどんでん返しにも圧巻だが、この作品は、普通に観ただけでは何が何だかわからない。それだけメタファーだらけで、不可解な部分が多い。そして何かのメッセージ性を感じた。サイトを見ると、頭のキレる方々が解釈してるので、それを見ると少しスッキリしたほど。

とにかく、コーエン兄弟は凄過ぎる。まだまだ観たくなった。