creamymami

イヴの総てのcreamymamiのネタバレレビュー・内容・結末

イヴの総て(1950年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

イヴが地味。端役だが、マリリン・モンローは本作で注目されて後にスターとなる。ベティ・デイビスがとにかく素晴らしい。彼女の一挙一動に釘付け。女優志望でなくても真似したくなる。
見終わった後あまりいい気持ちはしない映画ではあるが、男性陣がよく出来た人間ばかりで救われる(往々にしてこういう場合、男性は気付かないものだ。私にはここがちょっと驚きだった)。「女は怖い」という概念はここから来たのだろうか。ショービズ界に限らず、こういった話は最早今では聞き慣れた感さえあるが、後半あれよあれよと真実が暴かれていく様は今観ても背筋が凍る思いがする。