旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」に投稿された感想・評価

NOBI

NOBIの感想・評価

3.5
とにかく飼育員さん達の動物に対する愛情の深さが凄く伝わってきて、どうしても園を残していきたいとゆう小菅園長の熱意と情熱があわさって今の旭山動物園が出来た
思う、リーダーの鏡のような人!
旭山動物園に行く前に観ればより楽しく見れるとおもいます、自分は寒い所が苦手なんでまだ行けてませんが一度は行って見たい
yumi

yumiの感想・評価

3.5
俳優陣が豪華で、それぞれとても個性的で魅力的でした。
特に長門裕之がすごく良かった。
色んなシーンでジーンときていちいち泣きながら見てました。
3年前に一度旭山動物園に行ったけれど、その時の楽しかった気持ちが鮮明に思い出されました。
それぞれのコーナーに飼育係さんの写真付き紹介みたいなのが貼ってあったけれど、個性的過ぎたことを覚えてます笑

津川雅彦、多分監督の時はマキノ雅彦名義だと思うので、filmarksさん、訂正して欲しいな。

”野生動物の世界では弱い個体は淘汰されます。
毛色の違う個体も排除され、淘汰されます。
しかし人間は毛色の違いを個性と認め、弱いものを受け入れることができる”
回鍋肉

回鍋肉の感想・評価

3.0
赤字続きの旭山動物園が起死回生の行動展示で日本一になるまでの物語。
途中途中の動物の捕食シーンとか交尾シーンがよりリアリティを出してて良かった。
まだ行った事がないけど行ってみたくなる様な映画。
ぶんご

ぶんごの感想・評価

3.4

北海道にすごく行きたくなった!

積丹半島行ってー、ウニ食べてー、
ああもう行きたいーー!
きぃこ

きぃこの感想・評価

4.0
ストーリー展開は現実の方が一層ドラマチックだったのだろうと思いましたが、動物園に興味関心をもつきっかけをくれる作品。ベテラン俳優陣の掛け合いを観ていると目の保養!
花紫

花紫の感想・評価

3.0
ぐっさん出ないなぁと思ったら、それはドラマだったのね。
ベテラン俳優がやたらと出てるなぁと思ったら、監督が津川雅彦なのね。
淡々とあっさりとしていて総集編のような感じね。
後半の動物の映像ばかりのシーンが良かった。てことは、役者が出る映画じゃなくて、動物園の映像だけで充分楽しめるってことね。
2015.08.
skynet

skynetの感想・評価

2.6
旭山動物園が成功ストーリーは大筋知っているので、その分盛り上がりに欠けてしまうのは已む無いとして、まぁ楽しんで見ることができた。

タイトルのペンギンが飛ぶって何だろうと思っていたが、最後の方に実現したシーンが出てきて、これのことか…と思った。
途中本当に飛ぶようなイメージシーンがあったので、どうするのかなと少し期待して見ていたのだが、ちょっと想像と違っていた。そう言えば、これはニュースでやっていた。

話に出てきたが、従来の「形態展示」や海外で多い「生態展示」、これらを更に「行動展示」にまで発展させたのは革命的だったと思う。
実話なのでリアリティがあるが、少し詰め込んでいるので、歴史と言うか時間の経過が駆け足な感じがした。
チィ

チィの感想・評価

4.5
現在の旭山動物園ができるまでの話。なんとなくテレビのドキュメンタリー的なので観てたから知ってたけど、映画は初だった。

今でこそ色んな動物園で行われてる行動展示の先駆け。
本来の動物の姿をみせるためのものだけど、その裏側では当然ながら色んな苦労があったのね。
途中でウルウルしました。

しかし、まさかペンギンが空を飛ぶっていう発想からスタートしていたとは。
でも本当いい市長さんに巡り会ってよかったね〜。
最近動物園に行ったから、なんか身近に感じたわ。

いつか行ってみたいな、旭山動物園。

映画の感想じゃなくて動物園の感想になってるわw

動物園に行きたくなる、あったかい映画でした。
邦画独特のクサい演出や説明的な台詞も沢山ありますが、動物園の資金繰りの現状や動物飼育の苦労、無知な動物愛護団体の愚かさ加減などを、飼育員の人間関係を通して描いています。何と言っても西田敏行さんの自然でコミカルでシリアスな演技が素晴らしく、味のある園長さんに動物や命の話を教わっているようでした。中学生くらいまでなら、充分楽しめて勉強になる作品ではないでしょうか。
Ayamon

Ayamonの感想・評価

3.0
旭山動物園に行きたい!行ってみたい!とずっと思っていて、叶えられないから、映画を観てみた(笑)
園長、職員さん、すごく頑張ったんだなぁ~と、いつか行ける前にこのサクセス映画を観ておいて良かったと思う。
西田さんが、やはり好きだなぁ。
最後は泣いちゃったなぁ。