聖

酔拳2の聖のレビュー・感想・評価

酔拳2(1994年製作の映画)
-
僕は当時ラストバトルの決着がついたところでそれまでの話の結末をぶっ飛ばして「終劇」となる終わり方に、物凄い衝撃を受けた。

その潔さにいたく心を打たれたのだが、エピローグが実はあって、大人の事情でカットされただけだったとは驚きだ。

とはいえ内容を見る限りあまりに酷いので、カットして正解だろうと思う。

先日テレビで放映していたので、ラストのシークエンスのみ見直した。

やっぱりこの終わり方が正解だよ。

体一つ(+ワイヤー)で魅せるアクション、やっぱジャッキーだね!

*部分的に見直しただけなので採点はせず

*ラストの衝撃度で今作に近いものを感じたのが、「父の秘密」であった