CinemaTravel

ミケランジェロの暗号のCinemaTravelのレビュー・感想・評価

ミケランジェロの暗号(2010年製作の映画)
4.2
このポスターと邦題は詐欺みたいなもんですが、とても痛快で心温まる喜劇ミステリーです。
ナチスユダヤもの=冷酷で残虐で悲しい、という定番を大胆に覆していて、ナチスの将校たちもちょっとマヌケな感じ。
幼馴染のユダヤ人ヴィクトルとナチスに入ったドイツ人ルディのミケランジェロの絵を巡る化かし合い、みたいなお話です。
スリリングで結構無茶苦茶なことやるから楽しめました。
2人はお互いのことは絶対許せないといっても、お互いを見る眼差しは憎しみではなくてどこか優しくて良かったです