ぴのき

ミケランジェロの暗号のぴのきのレビュー・感想・評価

ミケランジェロの暗号(2010年製作の映画)
3.8
人種や身分差別、ヒトラーを使った割にあっさりしていた映画。
遺言の「いかなる時も目をそらすな」のキーワードでありかが分かってしまったのが残念。
でもミケランジェロの秘宝をめぐるどんでん返しの繰り返しでハラハラして面白かった。
冒頭のシーンが中盤の重要シーンの切り取りだった点も良かった。

しかしなんであの俳優がほとんどのドイツ映画に抜擢されてるのかが謎。もはや俳優は彼しかいないのかとも思うほど(笑)