kiko

ミケランジェロの暗号のkikoのレビュー・感想・評価

ミケランジェロの暗号(2010年製作の映画)
3.5
主人公ヴィクトルがお人好し過ぎてイライラ。
ネジ曲った根性の幼馴染ルディ・スメカルにさんざ裏切られても、人格者態度は変わらず。
ラストでやっと、ホッと胸を撫で下ろす。
ナチス扱った映画ではかなりライト。イライラしながらも楽しめた。