おーつ

SP 野望篇のおーつのレビュー・感想・評価

SP 野望篇(2010年製作の映画)
3.2
この手の映画って後編がどうしても軽くなってしまうのですが、
きちんと「前編と後編で独立している」のが見事でした。

変に海外のアクション映画と勝負するとクォリティの低さにびっくりする事になりますが、
本作の『SP』という設定が持つドラマ性がアクション面をカバーしている。

設定が持つドラマ性とは、
「あくまで警護、犯人の射殺が目的ではない」ことです。

そのかわり、
内容の進展はあまりないものの
オープニングのチェイスから
ラストの急襲シーンは
「邦画もここまできたのか!」と感じる事ができました。

ドラマの劇場版でも映画館で観る価値があるという事を学びました。

後編の革命編は
内容が畳み掛けるように進み、
国会議事堂占拠へとつながるという良作です。

後編のレビューはまた後ほど