ダース米田

スクリーム2のダース米田のレビュー・感想・評価

スクリーム2(1997年製作の映画)
3.4
「ホラーの続編となればもちろんルールがある。まずは死亡率上昇、そして内容はより過激になる。では肝心の犯人は誰か…」byランディ

大学生になったシドニー。
事件のトラウマはまだあるものの、仲の良い友人達にも恵まれ、平穏な大学生活を送っていた。
一方のゲイルは自身が体験した前作の事件を元にした本が大好評となり、「スタブ」というタイトルで映画化された(ホントに酷い女だな(^^;)。
そんなある時、またしても死神マスクによる殺人事件が発生。そして今回もまたシドニーは狙われてしまう。
今度は一体誰が犯人なのか…!?

前作同様に学園物(今回は大学)&ホラーというスタンスは共通してます。
そして前作よりも青春物な要素が強まっており、学食でシドニーが告白されるシーンはもはや一本の青春ラブストーリー映画かと思わせる大袈裟な展開となっている(笑)

また、前作同様にメタ的な要素も色々と。
大学の映画論では「続編は前作を越えるか!?」というテーマの討論がされ、「続編が映画をダメにしてる」だの、「ターミネーター2やエイリアン2は前作より断然良い」等、映画ファンをニヤリとさせるネタが含まれている。
劇中映画の「スタブ」は前作をセルフパロディとした作品で、それを見た前作の生き残りキャラ達の反応がなかなか面白い(^^;

そして今回も生きる化身ランディは大活躍です。冒頭に書いたランディの劇中セリフが予告編に組み込まれおり、今作ではそれがそのまんまの展開を迎えてしまうのです(笑)

ただ前作と比べるとやや物足りない部分はあるかも。中盤以降で登場するキャラをようく見ていると、今回は犯人の一人が誰かが読めてしまう(--;)
とはいえシリーズのミソである自虐ネタやメタ的要素は存分に発揮されていたので、他の作品との差別化には成功した印象です。


でもね、あいつが死んじゃったのはショックだったな(-_-)゛