気球クラブ、その後の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「気球クラブ、その後」に投稿された感想・評価

かつて二郎が所属していたサークル「気球クラブ・うわの空」には、様々な目的を持った若者たちが参加していた。
5年後、ガールフレンドのみどりと微妙な関係を続けていた二郎のもとに、気球クラブのリーダーだった村上の訃報が入る。村上をしのぶため、バラバラになっていた仲間たちが再び集まることになり、思い出話を語り過去から離れ未来へ歩き出そうとする。


きっぱりしない終わり方なのに、それも含めた哀愁漂う、人間の軽薄さと愛情が入り混じった青春映画。
現代を生きているのに現代のことはほとんど知らない、みんな過去にしがみついて過去に生きているようだった。

気球が大好きな村上。何事もうわの空で、村上の彼女はきっと、自分のことを好きな気持ちもうわの空のように思えていたのかな。だから地上に降りてくるまで村上を待っていたってこと(?)
ほかのみんなも何かしらな思いを抱えていて、本音ではどう思っていたのだろう。
結局あの気球には何が書いてあったのかな。。
hana

hanaの感想・評価

3.7
私が酔っている時にみたからなのか
分からないけど
黒い点が気になってだめだったの
さおり

さおりの感想・評価

4.0
やっぱり園子温は只者ではない。
高校生の時に観ようと思ってたけど、今観て良かった。
ぱ

ぱの感想・評価

3.1
確かに人との繋がりは携帯が必須になっている電話が気になった嫌だなあ風船メモでいっぱいの天井素敵だった切ないなあ
is

isの感想・評価

4.0
決してものすごくすきってわけじゃないんだけど
ただ、永作博美の最後の台詞だけで泣き崩れてしまう
王甘

王甘の感想・評価

4.2
魔法だった事を嫌という程痛感させられる。モラトリアムを捩じ込まれる。

前に進まなければという気持ちにさせてくれた。青春が終わった。
ユーミンの"翳りゆく部屋"が作品世界に合っている。気球に夢を馳せる男の死によって引き起こされた再会。気球クラブがなくなってもその後各々気球を目にする度に青春を思い出す。
永作博美さん演じる今にも壊れちゃいそうな危うげな女の人が素敵だった。相手のことが好きすぎるあまり、相手が好きなものに妬けてきちゃう気持ちは共感できなくもない。
インテリア然り、作品の映像全体から気球や風船というものの魅力とロマンをあらためて感じた。
むら

むらの感想・評価

3.8
私の好きな園子温のぶっ飛びすぎてなんか分からんがOK!みたいなのではなかったけど好きな作品だった。
永作博美がヒロインだということが初見でわかる永作博美の美しさ。
永作博美は過去の世界にしか出てこないちょっとした架空の人物って感じがして、しかもその過去の世界はどれも他人の記憶や他人の想像の中でしかないから本物の永作博美は何なんだろうという儚さが最高。
taaaka

taaakaの感想・評価

3.7
青春からの卒業。いつか来る日が静かに描かれている感じがすごくよかった。
あきほ

あきほの感想・評価

3.8
切なくて、むずむずした。ラストシーンは泣けてきた。ふわふわとモヤモヤした空気。時は残酷だってよく言うけど、人が軽薄なせいもあるし、それで成り立っていることや、その清々しさもあるよね。なんて書いてあったのだろう。