気球クラブ、その後の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「気球クラブ、その後」に投稿された感想・評価

ゆりり

ゆりりの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

胸がひりひりする青春映画。深水元基の大学生っぽさがよかった。
見終わったあと、元々好きだった翳りゆく部屋を何度も聴きたくなった。

美津子さんと村上さんは、どのようにして別れたのか。
村上さんは大学を卒業しても空を追っていたのか。
もちろん手紙の内容も、見終わったあとにいつまでも考えさせられる映画。

自分がこういう群像劇の、青春映画に苦しくなれるような青春を送れたことを喜ばしく思った。
青椅子

青椅子の感想・評価

3.4
こういう集団を懐かしく居心地よく思うような性格じゃなかった、そういう大学生活でもなかった自分を再認識。
若かりしいしだ壱成や江口のりこ、良かった。
せつない、、本当にせつない。大人になるって残酷すぎる。

疎遠ってやつですよ、、、、みんな薄情だよな、、、時が経つのって残酷、、、2度と会うことのない人っているんだよな、、死んだのと同じだよな、、、




いしだ壱成ってどんな役でもオーラあるよな、、
なんだか哀しい
気球ってのがまた、いい
輝きは戻らない
この歌は知ってたけど「翳りゆく部屋」というタイトルとは知らなかった、すごくいい曲
手紙に何書いてあったんだろなー
udon

udonの感想・評価

3.4
今みると「気球クラブ、その後」のその後的な見方もでき、ちゃんとしないとなーって思う。
Kittens

Kittensの感想・評価

4.5
これはめちゃくちゃいい、すごい!
個人的な感性、アンテナに響きまくったってのはあったけど
なにか心の中がギュッとするような
デジャブ感のような共感を感じながら、物語を追体験できた。

最後の最後までいい。

永坂博美、美人やけどちょい老けを感じるのが難点、綺麗やったけど。

低予算を感じるところも素晴らしい。
樋口あさの「ヤサシイフタリ」とかソラニンが好きな人にはハマるのも
小森

小森の感想・評価

-
当時自分が園子温に期待していたものとは全然違ったので、フラットに見れなかった
piyo

piyoの感想・評価

2.9
永作博美を拝みたいなら観るべし。
永作さんはいつも美しい、群像劇の只中にあっても存在感の全く消えない絶対的な何かがある。
近すぎず、遠すぎず、不思議な距離感で進むお話だけど、現実もそうかもとふと思うのんびり見る作品。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.8
園子温監督の青春群像劇

群れる感じが好きじゃなくてクラブとかサークルとか避けて通ってきたし、今でも飲みは男女を問わずできればサシ飲み…こういうのどうでもいいと思ってたけど

手持ち、アップの多用、ビネット、ローファイなトーンといった絵作り、生音主体の音楽、そして美津子を軸に据えた脚本が切ない小品

すべてを見せるのではなくて見る側の余白を持たせているのが、出来事を鳥瞰できる第三者ではなく作品の中にいるような心持ちにさせられて真に迫ってきた

こんなピュアな心理劇も撮れる園子温はやっぱり只者じゃない

永作博美はあいかわらずこうるさい芝居だけど、この役は彼女でよかった

川村ゆきえの使い方がうまい

深水元基、「新宿スワンⅡ」見たばかりだけに可愛すぎて細すぎて笑えたけどよかった、ナレーションもすごくよかった

長谷川朝晴、江口のりこ、安藤玉恵、好演

(もともとかどうかわからないのだけど、画像が汚くて残念…)
chiha

chihaの感想・評価

5.0
すごく好き

お願い
わたしがどこに行っても知らせてくれる?