気球クラブ、その後の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「気球クラブ、その後」に投稿された感想・評価

chiha

chihaの感想・評価

5.0
すごく好き

お願い
わたしがどこに行っても知らせてくれる?
園子温監督の初期の作品。
かなり自主制作感が満載な映像や作りだった。
その割には永作博美やいしだ壱成が出てたりするんだよね…全くグロくはなくて青春群像劇のようでした。
ただキスシーンは園子温っぽいエロさがありました!

ラストの手紙には何が書かれていたんだろうか??
わかるようでわからない…
三好愛

三好愛の感想・評価

3.0
永作博美が気球に穴開けるシーンの足つきがエロすぎてハッとした。
全体としてはつまらなかったです。
青猫

青猫の感想・評価

3.8
気球クラブ うわのそら。
最初から最後まではっきりとした表現は少ないですが、それ故のじわじわと来る哀愁、切なさがあります。

夢を持ち、気球にのって空を飛ぶというのが素敵な行為だと思い、その行動自体が色々な物事への比喩なのかなと個人的には感じました。

手紙にはなにが書いてあったんだろう。それは観た人によって違い、観た人がきめることなんだろう。
山口

山口の感想・評価

4.5
大学を卒業して社会人のフリをしているような気分でいるのはどのくらいの期間で、いつからそれは生活になってしまうんだろう。
翳りゆく部屋、全然思入れのない曲なのに、最後の最後に泣かされた。
そしてうわの空な永作博美は本当に綺麗で、儚げだった。
こんなに染みたのはきっとタイミングのよさもあるなあ
あお

あおの感想・評価

2.9
なんか、青春!!!って感じの映画だった


わたしも部屋に風船うかべようかな
おとな

おとなの感想・評価

3.2
空を夢見る彼と、彼がいる空を見上げる彼女のお話だった。

園子温の作品で、初めてちょっとほんわかする内容だった。
いつもグロくてエロいのばっかり撮ってると思ってたから拍子抜け。
けれど、園子温独特の世界観は健在で、ありそうでない大学生活の思い出が描かれていた。

ミツコさんは振り向いて欲しかったんだなって、最後に風船を見て泣いてる姿が切なかった。
ぶどう

ぶどうの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

グロ・バイオレンス描写やハデな展開を期待するとちょいガッカリかも…

リア充ぶった派手サークルの男女(いわゆるパリピ?)のゴタゴタなので、登場人物たちがあまり好きになれないままストーリーが進みましたが、最後まで見ると「一見享楽的に振舞ってる人たちも、コンプレックスとか悩みとか色々抱えてんだな〜」と当たり前の感想を覚えました(O_O)
美月

美月の感想・評価

2.8

混沌とした映画。
登場人物が多くて、画面の切り替わりが早い序盤を観て「ああ、この作品私苦手だわ」と思ったのに、終盤になってくるとそれが段々とクセになってくる。

あとはキャスティングが上手いと思いました。
基本的に脇役の寄せ集め。個性がありそうで個性のない烏合の集が、対照的に個性的な永作博美さんの存在感を際立たせてるように感じます。
永作博美さんは個人的にはあまり好きな女優さんではないのですが、こういう作品を観ると上手いなぁと思わずにはいられない。中毒性のあるオンリーワンの役者さんなんですよねぇ。
青春は甘くほろ苦く
少しでも時間が経つと崩れて
もう元には戻らなくなる
頑張って戻したとしてももうそれは元の完全的な形ではない
諦めて次への道へと歩く
歩き続けるとその諦めは過去の思い出と化す
もう昔の話だと